99.9 Season2 2話 深山の父 26年前の真相が発覚!

感想

高視聴率をマークする、松本潤さん主演の弁護士ドラマ「99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-」の2話が放送されました!2話も20分拡大ということで人気の高さが分かります!

2話はついに主人公である深山(松本潤さん)の父親の事件の真相が分かりました!2話の感想をまとめました。

99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-2話感想

真相が腹が立つ!

深山は被害者の妹から深山の父、大介(首藤康之さん)の物だとして渡されたストラップが大介の物ではないと気付きこのストラップこそが真犯人のものではないのかと調べ始めました。

そのストラップは縁結びの神社のもので、被害者にはつきまとっていた男がいたのですがその情報は裁判では出てきませんでした。

深山は被害者を発見した警察官の三宅(小倉一郎さん)につきまとっていた男のことやストラップのことを聞くとストラップを見たときに動揺していました。

真相は三宅の部下である小倉(薬丸翔さん)が被害者に一方的に好意を抱いていたのですが被害者が拒絶すると逆上して殺してしまったのでした。

証拠として上がった傘に小倉の指紋が付着していましたが、警察官が誤って触ってしまったものとして処理されていました。

三宅は小倉が怪しいと思い上司や検察官である大友(奥田瑛二さん)に報告しますが、すでに大介が犯人だということで事件の真相は勝手にレールが敷かれており、一度走り出したらもう止まらなかった…ということでした。

警察、検察も何が真相なのかをきちんと見極めることをしなかったずさんさに腹が立ちます!大介の事件は時効を迎えてしまい、小倉も死亡していることからもう裁判をやり直すこともできません。

深山は真相が分かったからと清々しい顔をしていましたが、やはり見ていてモヤモヤは残りました!

舞子に変化が!

これまで元裁判官らしく、調書にあることが全てだと思っていた舞子でしたが大介の事件の真相を知り変化が出てきました。

深山に対して敵対心を持つ舞子ですが良きライバルとして斑目法律事務所で働くことに決まりました!舞子と相性の悪い佐田(香川照之さん)や、舞子に勝手に敵対心を持つ明石(片桐仁さん)とのやり取りも楽しみです!

ギャグ、小ネタにやられる!

毎回深山の寒過ぎるギャグと、深山のギャグがツボの佐田のやり取りが面白すぎます!明石がこの瞬間だけ深山と佐田は親友になれると言っていましたが、まさにその通りでこの瞬間以外は分かり合えない二人です。

明石のネタの多さにも毎回笑わされますが、今回は「明石、敷っきまーす!」やら、不審者に思われて警察に捕まったり、舞子に振り回される姿に笑わされました!明石が弁護士になれる日は…正直来ないで欲しいですね!

 

大人気ドラマ「99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-」は1、2話共に拡大されていることや、視聴率や毎回のゲストも話題です。3話以降の展開や人間模様も気になります!

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-」は毎週日曜夜9時放送です!どうぞお見逃しなく!(引用:https://www.tbs.co.jp)

関連記事