アンナチュラル 8話 あらすじ 火災現場での真相は?六郎の父も登場!

アンナチュラル

前回はいじめという名の殺人事件の話であり、そのラストでミコトに協力要請をした中堂。中堂の追っている事件の行方と今回の火災事故、そして六郎の秘密がとうとうUDIに明るみに!?見どころ満載の第8話のあらすじです。

火災が発生し10体の遺体が搬送される

最近中堂と距離の近いミコトにヤキモキする六郎。そんな六郎の様子をちゃかす東海林。

そして所長へのお届け物を頼まれた六郎は、そこがゴミ屋敷であることに驚くも、神倉と一緒にそのゴミ掃除を行います。

火災が発生し10体の遺体がUDIラボに搬送され解剖をするミコトたち。坂本も応援にやって来ます。

火災原因は放火とみられていましたが、9番目の遺体のみに火災以前に縛られ殴られていた跡を発見し、9番の人間を殺害しそれを隠すために放火したのでは、と推測されます。

そして唯一の生存者・高瀬が入院する病院の医者として、六郎の父親がUDIラボを捜査協力のため訪問。そして帰り際に「息子を解雇してください」と衝撃発言。

休学しUDIラボでバイトをする息子に怒り心頭のようです。そしてなんとか9体の遺体の身元は判明したものの、残りの謎の多い9番目の遺体の身元が依然として判明しません。

三郎の死因究明に奔走する六郎

所長・神倉は厚労省の天下りではなく、震災を機にUDIラボ設立に奔走した、という話を中堂から聞いた六郎。そして神倉の、身元不明のご遺体をきちんと帰るべき場所に帰してあげたい、という思いを共有します。

その後9番目の遺体の銃創に気づいたミコトは、その銃創からやっと9番目の遺体・町田三郎の身元が判明。それから中堂は8年前の恋人・糀谷夕希子の殺人事件の詳細をミコトに伝えます。

高濃度のニコチンを投与されており、当時容疑者として疑われたのは、一緒に暮らしていた中堂と勤務先の定食屋の周辺人物、そして絵本の出版社・文詠館の関係者、とのこと。

一方六郎は父親の病院を訪問し、生存者である人間の状況を調査。またニュースから火災の原因は放火ではなく、プロジェクターの発火によるものと判明します。

生存者の背中に残るロープの跡などから、三郎は高瀬を助けようとロープで縛って運ぼう(子豚搬送)として亡くなったのではないか、との仮説が立てられます。

父に受け入れられた三郎、父に勘当された六郎

三郎の亡くなった本当の真相を探るため、UDIラボのメンバーは消防局から火災状況の写真を借り、とうとうその真相を突き止め、再度三郎の両親に亡くなった状況の詳細を説明します。

三郎は負傷しながらもロープを使用して、高瀬をはじめビルに残された人たちの救出にあたり、亡くなってしまったのです。そして三郎の父親は元・消防士だったことが判明。

幼少期に三郎に人を救出するためのロープの縛り方を教えたのは父親だったのでした。UDIラボに敬礼し、帰路に着く父親。

一方六郎は父親に自分の医者に対する心情を吐露しUDIに残って考えたいと話すも、勘当されてしまいます。

ミコト、“赤い金魚”に遭遇

その後UDIラボに置かれていた一番目のご遺体の遺骨も無事に引き取られ、UDIラボでは大きな仕事も無事終了し、皆で祝杯をあげています。

六郎は皆に笑顔で「おかえり」と言われ、思わず笑い泣き。

そして翌日六郎は週刊ジャーナルを辞めます。末次は引き留めることなく「おつかれ~」の一言。UDIラボの中傷記事を雑誌に載せようとしています。

また六郎の机のうえには、宍戸からの書類があり、その中には、こうじやゆきの次回作とされていた“ピンクのカバ”の絵が!?

そしてまた新たな事件が起き、遺体の確認をしていたミコトはついに口腔内に“赤い金魚”を発見します。

 

以上が「アンナチュラ」8話のあらすじでした。今回は派手さはなかったものの、六郎が主役の回でした。ここでも毒親が登場。代々医者の家、に生まれなくて良かった…と思わず思ってしまいました。

次回はとうとう8年前の事件の真相に迫るようです。

こちらの記事も読まれています♪

関連記事