隣の家族は青く見える 最終回 感想 予想外の結末!

感想

深田恭子さん主演ドラマ「隣の家族は青く見える」の最終回がついに放送されました!奈々(深田恭子さん)と大器(松山ケンイチさん)の選んだ結末は予想外でしたが、皆幸せなラストとなりました!

「隣の家族は青く見える」最終回感想

奈々と大器の予想外の結末に驚いた!

奈々が予想外にも、大器との離婚を考えて実家に戻り地元で働き本気で別れようとしていたことにまず驚きました。

自分以外の人と結婚すれば大器は子供ができるかもしれないという奈々の深すぎる愛情でもありましたが、長く別々の生活が送られていたことに驚きました。

また、最後は子供が出来てハッピーエンドという予想をしていましたが、実際は子供のいない二人での生活を考え、子供がいなくても幸せな生活を送るというラストにさらに驚かされました。

現代社会での夫婦のあり方を考えさせられましたし、子供が欲しいけれど出来なかった夫婦をここまで忠実に描いたドラマはこれまでありませんでした。色々な意味でこれまでになく、記憶に残るラストとなりました!

それぞれハッピーエンド!

朔(北村匠海さん)は高卒認定試験に合格し、渡(眞島秀和さん)とパートナーシップ宣誓を行いました。

さらに渡の母親もかけつけ二人を祝福し、いつのまにか朔と渡の母親が仲良くなっていたことも微笑ましかったです。同性カップルのハッピーエンドもまさに現代のドラマだなと感じます。

また、亮司(平山浩行さん)とちひろ(高橋メアリージュンさん)もコーポラティブハウスの皆に結婚式を挙げてもらい本当に幸せそうでした。

小宮山家は離婚の危機を回避し、むしろ見たこともないほどラブラブなラストとなりました!

色々な問題を乗り越えて全ての家族がハッピーエンドとなりましたが、こんなに皆が笑顔で終わるドラマも珍しく見ていて心が温まりました。

最後の集合写真が印象に残る!

これまでオープニングで注目を集めていたコーポラティブハウスの人々の集合写真でしたが空白があったりなどして話題となっていました。

最後はオープニングではなく、ドラマの中で奈々がシャッターを押し写真を撮りましたが、そこにはこれまで集合写真には登場してこなかった大器の家族も共に写っていました!

大器の親、妹の家族も引っくるめての家族なんだということを伝えているような写真でとても印象に残りました。

 

まさに現代の家族のあり方を描いたドラマ「隣の家族は青く見える」でしたが、見ていた人皆が応援したくなるようなドラマでした。このドラマを通して不妊治療や同性カップルなど、様々な偏見が少しでも減ることを願います。

関連記事