隣の家族は青く見える 9話 感想はこちら!

感想

深田恭子さん主演ドラマ「隣の家族は青く見える」ですが、不妊症や同性カップルなどコーポラティブハウスに住む人々の様々な悩みが交錯するドラマで沢山の共感の声が寄せられる人気ドラマです。

9話では奈々(深田恭子さん)が待望の妊娠をしますが流産してしまいました…。

隣の家族は青く見える9話感想

奈々の幸せは…?

体外受精の末に妊娠し身近な人には妊娠の報告をした奈々と大器(松山ケンイチさん)でしたが、深雪(真飛聖さん)が謝りコーポラティブハウスの皆が和解し久しぶりに皆でバーベキューをしている時に腹痛、そして出血し流産してしまいました…。

誰よりも優しく努力家で頑張っていた奈々がなぜこんな目に遭ってしまうのかと見ていて胸が締め付けられました。

初期の流産は赤ちゃんの染色体異常であることがほとんどですので奈々は何も悪くありませんが、自分を責めたくなる気持ちも分かるので見ていて本当に胸が苦しくなりました。

自分がママになりたかったのではなく、大器をパパにしてあげたかったという本当に優しい奈々ですので最後には必ず幸せになっていてほしいです!

小宮山夫妻は別れないでほしい!

深雪に離婚を突き付けた小宮山(野間口徹さん)でしたが、娘がいなくなってしまい必死に娘を探す深雪の姿、そしてコーポラティブハウスの皆に謝る姿を見て小宮山は深雪に対する想いが少し変わったように見えました。

しかし離婚のことは無かったことに…とはならなかったので本当に離婚してしまうかもしれません…。本当はお互いのことを想い合える素敵な夫婦なので別れずに共働きで再構築していってほしいです!

渉の母は理解してくれそう!

これまではゲイに対して全く理解を示そうとしなかった渉(眞島秀和さん)の母のふみ(田島令子さん)でしたが、朔(北村匠海さん)の頑張りで理解しようとしていることは伝わってきました!

今現在では結婚という形が取れない同性カップルですので、少しでも周囲の人にその関係が認知され祝福されることが何よりも大切なのだと思います。

ふみが理解してくれたら渉と朔はこれ以上にない祝福になり、改めてきちんと家族として暮らしていけるのかなと思います。

ちひろのお母さん化がすごい!

いつの間にかすっかり亮太(和田庵さん)のお母さんとして暮らしているちひろ(高橋メアリージュンさん)に驚きました。

料理を勉強していたり、亮太にも亮司(平山浩行さん)にも物申したりとすっかり肝っ玉母ちゃんになっているちひろが、とても輝いて見えます!

この家族にはもうトラブルは無いとは思いますが、このまま幸せな家族のまま終わってほしいです。

 

次回がついに最終回となったドラマ「隣の家族は青く見える」ですが、奈々と大器は幸せな結末を迎えられるのでしょうか…?最後までどうぞお見逃しなく!

関連記事