隣の家族は青く見える 7話 感想 大器の浮気疑惑の真相は・・・。

感想

人工授精に失敗し、妊活クライシスに陥ってしまったかに見える五十嵐夫妻。そんななか大器の浮気疑惑まで浮上し、またコーポラティブハウスのそれぞれの家庭でも大きな不協和音が同時発生したようで…。

以下、注目の第7話の感想です。

深雪の心の闇の原因とは

深雪が実家へお金の援助を要請するために帰省するのですが、ここで深雪の心の闇の原因が発覚。またしてもクセのある“毒親”が登場してしまいました。

世間体重視、兄妹間でのマウンティング、受験失敗を機に娘に失望、などなどNG言動の数々。この家での幼いころからの刷り込みが今の深雪を作り上げてしまったのだと思うとなんだか悲しくなってしまいました。

親の躾や刷り込みはなかなかいい大人になっても自力では拭いきれないもの。

深雪もいつか何かの契機にふと気持ちが軽くなり、親の洗脳から解放されるといいのですが。深雪も生きづらいでしょうけれど、周りの家族もこのままでは疲弊してしまいます。

奈々を庇う聡子と亮太を庇うちひろ

奈々と聡子、亮太とちひろ。両者とも血縁関係のない“親子”ですが、義理の母親の温かい愛情が溢れ、聡子とちひろの人の良さが今回も滲み出ていました。

深雪の実母との関係を見た後だと余計に胸に来るものがあります。まだ出会ったばかりの“息子”のためにご近所さんと本気でやりあえるちひろ。

“嫁”である奈々にもっと寄り添ってやれ、と息子の頭をはたいて本気で怒る聡子。なかなかこんな風になれるひとは現実ではいないでしょう。

「anone」の亜乃音さんをはじめ、血縁に関係なく母性を全力で発揮してくれる人はミラクルです。

渉がついにカミングアウト

ひょんなことから母親が家を訪問し、とうとう渉は自分がゲイであることをカミングアウトしました。しかし予想通りそのことを受け入れられない母親。

“普通じゃない”ことに酷い拒否反応を起こし、息子を受け止めることができません。おそらく息子の結婚、そして孫を望んでいただけに失望も大きかったのでしょう。

同性婚の問題はやはり子どもの問題が大きいことは間違いありません。なんだかとても切なくなってしまいました。そして渉と母親が断絶してしまうのを悲しそうに見る朔。

ふたりは何も悪いことをしていないのに、どうしてここまで傷つかなければならないのでしょうか。

大器の“浮気”の真相はカウンセリング

そして気になる大器の浮気疑惑の真相はなんとカウンセリングでした。飄々としているように見えて不妊治療で参っていたのは実は大器の方だった、のかもしれません。

しかし今回の深キョンの「ちゃんとキスして」の破壊力といったら!浮気なんてするはずないですね。はい。あんな超絶かわいくて性格の良い妻はファンタジーです。浮気なんてあり得ません。

 

次回予告では、なんと!やっと奈々が妊娠するようです。どうか無事に育って出産して大団円!となってくれるといいのですが…。このドラマの行く末を最後まで大切に見守りたいと思います。

関連記事