トドメの接吻 あらすじ10話(最終回)春海の正体とタイムリープしなかった理由とは?

トドメの接吻

前回のラストの結婚式は本当に鳥肌もののシーンの連続だった「トドメの接吻」。

宰子への本物の愛を自覚したところで最愛の宰子が死ぬ、という極めて残酷な展開でしたが、果たしてその後エイトはどうなってしまうのでしょうか。以下最終回のあらすじです。

エイトVS和馬

「宰子、なんでおまえ来たんだよ」。宰子が亡くなってすっかり覇気をなくしたエイトは、宰子の遺体に語り掛け霊安室から立ち去ります。そして帰宅したエイトを和馬がお出迎え。

「あれ、教会で死んだ地味な女の子ですか」「あの子を愛してたんですね」「辛いでしょう」「ほうら、苦しくなってきた」とエイトの気持ちを煽る和馬。今日はエイトの苦しむ顔を見に来た、とのこと。

そして「あなたも人を愛せたんですね」「結婚おめでとう。どうぞ不幸せに」との言葉を残し和馬は去っていきます。

エイトを訪ねてきた美尊はその一部始終を聞いてしまい、エイトは和馬に核心を突かれ、あまりの辛さに「宰子…」と泣き崩れます。

春海の正体が明るみに

エイトは宰子の遺骨を抱いて宰子の家に泊まります。すると翌朝目が覚めるとベッドの横には春海が。すると「おまえも宰子のことを思ってたんだな」と春海は語り始めます。

去年のクリスマスイブからタイムリープのことは知っていたとのこと。そして高校の時一家心中で生死をさまよったとき、自分だけ生き残り、キスで過去に戻る力を手に入れたようです。

居酒屋で宰子のキスの噂を聞きつけ、ずっと宰子を探しており、タイムリープで本当に人は幸せになれるか観察していたという春海。

しかも春海のタイムリープの力は3か月前に戻るというものであり、もし春海のタイムリープの力を利用しても、宰子と過ごした3か月は白紙になり、宰子を死なせた記憶は消えない、戻ったら後悔の無限ループになると語る春海。その春海の言葉にエイトは言葉を失います。

美尊と別離しタイムリープを決意するエイト

明日、入籍式と入社式をしたいのでその前に会いたい、という美尊からの連絡があり、エイトは今すぐ会えないかな、と返事をします。

エイトは美尊を自宅に招き、本当の自分の姿をさらけ出し、海難事故の賠償金のために質素な暮らしをしていると告げるエイト。

そんなエイトに婚姻届を渡す美尊。美尊は宰子が過去に戻れることに気づいていたようです。

「成り上がるために宰子の力を利用した」「あいつには何もしてやれなかった」「お兄さんの人生を狂わせてしまった、長谷部の人生も狂わせた、布袋の人生も狂わせた」「自分の欲のためにみんなの人生を狂わせた」と美尊に謝罪するエイト。

そして今度は3か月前に戻るというエイトは、美尊に「自分が本当に幸せにしたいのは宰子だ」とはっきり告げます。美尊はエイトに泣きながらビンタ。

そして今度戻ったら周りの人たちを幸せにすることを約束して欲しい、とエイトに告げます。

タイムリープし皆を救済するエイト

翌日、美尊は並樹グループは自分が継ぎ、兄が戻るまで待っていると役員会で報告。そして自分の本当の夢は宰子を巡り会うことだったのかもしれない、と悟ったエイトは春海にキスを懇願。

長いキスの後、エイトは大晦日に戻ることに成功します。並樹家のカウントダウンパーティーに参加しているエイトは、尊氏に美尊に素直に気持ちを伝えるよう助言し、長谷部、布袋、それぞれに的確なアドバイス。

そして郡次の持つ海難事故のビデオテープを奪って破壊。美尊に「今度こそ幸せになって、祈ってる」と心をこめて告げて立ち去ります。その後尊氏は海難事故のことについて正直に美尊に告白。ふたりは愛を確かめ合います。

一方宰子のもとに急いだエイトは、生きている宰子に会えた感動で涙ぐみつつ、「男を見る目がなさすぎる。クズに利用されてしまう。気を付けろ」「キスは本当の愛を見つけるためにするもの」

「自分の気持ちを押し殺して、辛くてもいいなんて遠慮するな」「おまえはもっともっと幸せになれんだよ」「クズには騙されるな」等、次々と宰子にアドバイス。

宰子は涙を流してそのアドバイスに聞き入ります。そして「二度とおまえには会わない」「今までありがとう」と涙をこらえて別れを告げるエイト。

エイトは“死んだ”ことにして香港へ

エイトはホストクラブに戻り、和馬に対して毒入りドリンクを飲んで死んだよう、周囲の力を借りて一芝居をうち、和馬は自分の罪の重さに耐えきれず逃走。エイトはホストを卒業し、香港へ向かうことを決めます。

一方宰子のバイト先には、エイトに社会にもまれろ、と言われた長谷部が新しく加入。宰子は長谷部の教育係になることに。その様子をエイトは陰から見守ります。

春海と会ったエイトは「いろいろありがとう」と告げ、「なんでキスなんだろう」「本当に会いたい相手には会えない」などと話しながら、一緒に食事に出かけて行きます。

以上が「トドメの接吻」最終回のあらすじでした。怒涛の展開でよく1時間できれいにまとめたなあ、と感心しました。ぜひあらすじのみではなく実際の映像の見逃し配信等で存分に楽しんでください!

関連記事