トドメの接吻 8話 あらすじ 尊氏が気づいた!?宰子捕まる!

トドメの接吻

トドメの接吻ももう8話まできました。今回は旺太郎の父親が出てくるようです。

尊氏が宰子を怪しむ

尊氏(新田真剣佑)は、ストリートミュージックの春海(菅田将暉)に会いに行き過去に戻るとはどういう意味だど聞きます。宰子(門脇麦)は何者なんだと迫ります。

旺太郎(山﨑賢人)は道具として生きると言う宰子(門脇麦)を抱きしめてしまいます。美尊(新木優子)にそれを見られてしまい、遠い親戚だと説明します。

夢で見た事があるという美尊に仕事で乗馬クラブに行っていたからとごまかします。

美尊は旺太郎と結婚を前提に付き合うことにしたと母親に言います。母親は資産目当てだと疑いますが、美尊は親戚の宰子という子を援助していると言うと尊氏は旺太郎と宰子を食事に招待しようと言います。

宰子は嫌がりましたが結局2人で美尊の家に行きます。尊氏が満面の笑顔で出迎えてくれますが、食事中宰子に質問ばかりしてきます。食事が終わると尊氏は宰子を廊下で待ち伏せして彼の親戚じゃないねと詰め寄っていました。

犯人は父親!?

翌日、長谷部が亡くなったと病院から知らせが入ります。美尊や尊氏たちも集まっていて、長谷部の命を奪ったのは、旺太郎の父親の旺だど言います。

郡次は、事故を起こした旺が逆恨みをして長谷川の命を奪ったんだといいます。第一発見者の看護士に取り押さえられたといいます。

旺太郎が警察に連れていかれる旺につかみかかると、「やっていない、覚えていない」とくりかえしました。

旺太郎のアパートで宰子が待っていました。そんな事をする人には見えなかったとアパートの前で以前会った事を伝えます。タイムリープをすれば旺を助けられると宰子は言います。

しかし、旺太郎は、服役後に何も言わず自分達の前から当然居なくなった旺への怒りがこみ上げてきて宰子の提案を拒否します。

尊氏が宰子のアパートにやって来て力ずくで秘密を聞き出そうとします。そこに旺太郎がやって来て、2人はこういう関係と尊氏の前でキスをします。タイムリープした2人は長谷部が殺される前の病室へと向かいます。

尊氏の策略

2人は、病院で通報した看護士とぶつかります。その時にナイフが落ちます。そのナイフは長谷部の命を奪ったナイフでした。看護士を追いかけますが逃げられます。

旺がテープを旺太郎だけは渡さないで欲しいと長谷部に頼んでいました。旺太郎が何か悪い事に使わないようにとお願いしていました。旺太郎は、長谷部に襲ったのは尊氏だ伝えて他の病院に移します。

旺太郎は病室にやってきた尊氏に12年前と同じように罪を父親になすりつけるつもりだったんだろうと言います。

長谷部の言うことなら美尊は信じるはずと言います。並樹家から出て行けば美尊には黙ってておくと言いました。

宰子捕まる

尊氏がまた襲ってくると悪いので、宰子は旺太郎の家に一緒に住むことにしました。宰子は弟の光太君の靴と一緒に旺の連絡先を旺太郎に渡しました。旺と会った旺太郎は、旺に光太の靴を手渡します。

旺は光太を探している光代(奥貫薫)を見つけて、あまりにも辛くて声をかける事ができずに居なくなったと言います。

旺は、光代(奥貫薫)に会いに行き、すまなかったと頭を下げて、光代に光太の靴を手渡します。光太はいないんだと旺がいうと光代は靴を抱きしめてなきくずれます。旺はそんな光代を優しく抱きしめます。

宰子は旺太郎の帰りを部屋で待っています。旺太郎が帰ると宰子の姿はありません。尊氏が宰子を連れ去り、どこかの部屋の一室で椅子に縛り付けられています。

尊氏は旺太郎にいつも邪魔されるのは君がいると過去に戻れるんじゃないかと宰子に言いました。

関連記事