シグナル 桜井美咲は生き返る!?原作の韓国版から予想!

ドラマ名別

「シグナル」6話では元・窃盗犯で冤罪で服役していた工藤の、出所後の誘拐事件により、冷凍車が爆破され、そこに巻き込まれた桜井美咲が殉職してしまいました。

まだドラマ中盤でメインキャストが亡くなるという大惨事。

一体その後、桜井美咲はどうなってしまうのでしょうか。

桜井美咲は生き返る!?原作の韓国版から予想!

原作の韓国版からこの後の展開を予想してみたいと思います。

原作では桜井美咲は生き返る

韓国版の「シグナル」の展開を踏襲すれば、桜井美咲は無事に生き返ることになります。

そしておそらく日本版もほぼ同じ展開になると予想します。

すでに6話終盤で過去の大山も現在の三枝も、「白石智弘」が怪しいというところまでたどり着いていますから、あとはなんとか証拠を見つけて、大山が工藤の冤罪を晴らすことに成功すれば、工藤は刑務所に入れられずにすみます。

そうなると工藤の出所後の事件も起こらない未来を創ることができる、ということになります。

工藤和美は生き返らない

となると工藤の娘も生き返ってほしい!と思わずにはいられないのですが、すでに大山のいる過去で、事故に巻き込まれて焼死しているので、その過去は残念ながら覆りません。

なので桜井美咲を生き返らせることはできても、工藤和美は元には戻らないのです。

工藤和美演じる吉川愛さんが非常に好演していたので、工藤への感情移入が嘘みたいにできてしまっただけに、和美が生き返らないという厳しい現実は悲しい限りです。

でも罪悪感を背負っていた大山でしたが、6話を見る限りでは上からの圧による情報操作もあったようなので、やむを得なかったのかなとは思いますが。

冤罪を免れた工藤のその後

そして気になる工藤のその後ですが、原作の韓国版によると、冤罪が晴れ、無事に釈放された工藤でしたが、結局その後、2018年に起こした事件と同じような事件を起こしてしまい、結局再び刑務所に戻ることになったとのことです。

冤罪は晴れても、生きる希望だった娘を失い、自暴自棄になってしまったという点は変わらなかったようです。

連続窃盗犯の真犯人・白石智弘は父親が大物ということもあって軽い罪で済んだのに対し、工藤はその後刑務所で獄中死。和美がいない世界で生きるのはどんなに辛かったことでしょう。

シグナル 桜井美咲は生き返る!?原作から予想まとめ

以上、「シグナル」で殉職した桜井美咲は生き返るか、を深堀りしてきましたが、できれば工藤の娘・和美も生き返らせたかったですね。

7話でも元気な桜井美咲の姿が見られることを期待しましょう!

関連記事