シグナル 佐久間由衣と北村一輝の関係とは?佐久間由衣は殺されてしまう?

キャスト

「シグナル」佐久間由衣と北村一輝には深い関係が?

前回「シグナル」では長髪・茶髪でギャルメイクの佐久間由衣さんが話題になっていましたが、前回に引き続き今回も出演するようです。

そして彼女はどうやら北村一輝さん演じる大山の行きつけのラーメン屋の看板娘、だけではない、大山との関係性がある模様。そこでそのふたりの関係性について詳しくみていきたいと思います。

ホワイトボードに佐久間由衣演じる北野みどりの名前が

ホワイトボードに書かれた、1997年大山(北村一輝)が捜査中の連続殺人事件の最後(7人目)の犠牲者の名前は“北野みどり”。

つまり佐久間由衣演じるラーメン屋の女性・北野みどりが、このままではこの事件によって殺されてしまうことになります。無線の交信を通じて北野みどり(佐久間由衣)を救うことができるのか、が今回の鍵になると思われます。

大山(北村一輝)を励ます北野みどり(佐久間由衣)

公園で落ち込む大山(北村一輝)を励ます北野みどり(佐久間由衣)。北野みどり(佐久間由衣)が誕生日ということでふたりはプレゼントを買いに街に繰り出します。

ふたりは付き合っているというわけではないようですが、少なくとも北野みどり(佐久間由衣)のほうは大山(北村一輝)のことを想っているよう。まあ、自分を薬物中毒から更生させてくれた恩人ですから、無理もありません。

大山(北村一輝)も立場上ちょっとした距離をあえて置いているようですが、大山(北村一輝)にとって北野みどり(佐久間由衣)は大切な存在であることは間違いなさそうです。

それにしてもビスケットをほおばる大山(北村一輝)はこどもっぽくて可愛らしいですね。しかし、そんな大切な存在の北野みどり(佐久間由衣)の命は、98号線のバスに乗っていたばかりに狙われることになります…。

大山(北村一輝)は北野みどり(佐久間由衣)を救うことができるのか?

そして23:23の交信により、北野みどり(佐久間由衣)が1997年4月19日21:00に殺される、次の犠牲者であることが判明。大山(北村一輝)は手錠を力づくで外し、現場に向かいますが、残念ながら第3話ではその途中でドラマは終了してしまいました。

果たして大山(北村一輝)は北野みどり(佐久間由衣)を救うことができるのでしょうか。それにしても今回の交信ほどもどかしいものはなかったですね。健人は返答が何もないことから一方的に情報を伝えただけに終わり、手ごたえが感じられず。

一方聞いている大山(北村一輝)の方は手錠をかけられ身動きできず。しかもその被害者が北野みどり(佐久間由衣)と聞いて尚更気がはやる。そして視聴者も北野みどり(佐久間由衣)を早く助けて!と祈るような気持ちで手に汗握りながら画面にかじりついていたはずです。

 

以上が「シグナル」3話の佐久間由衣と北村一輝の関係性についてでした。が、とにかくみどりの安否が気になりますね。どうか大山が間に合いますように!

関連記事