シグナル 大山の収賄事件の真相が気になる!大山はなぜ失踪した?

ドラマ名別

坂口健太郎さん主演ドラマ「シグナル 長期未解決事件特捜班」は、韓国で爆発的大ヒットしたドラマのリメイク版で複雑な時系列などが面白いと視聴者満足度の高い作品となっています。

三枝(坂口健太郎)は大山(北村一輝)と無線機を通じて交信していますが、実はそれは現在と過去、時空を飛び越えているのです。

大山が起こしたとされる収賄事件とは?
大山はなぜ失踪したのでしょうか?
三枝は大山を救えるのでしょうか?

シグナル5話 大山が起こした収賄事件

5話で発覚した大山の収賄事件について、現在明らかになっていることなどを整理していきたいと思います。

5話で発覚した大山の収賄事件

三枝は無線機の通信相手である大山について調べ始めました。

上司である岩田(甲本雅裕)に大山のことを聞くと、大山は収賄事件を起こし懲戒免職になっていて、その事実を聞き三枝はショックを受けます。

三枝はその後も独自に聞き込みなどに行き、大山の情報を集めていくのですが、やはり大山は金に困っていたなどの悪い情報しか入ってきません。

しかし、聞き込み相手は三枝が帰ると刑事部長である中本(渡部篤郎)に連絡をします。

大山のことを追う三枝のことが邪魔な様子で、中本は岩田に三枝を大人しくさせるように言うのでした。

大山の収賄事件は偽装された可能性が!

大山が起こしたとされる収賄事件ですが、三枝は違和感を感じています。

不自然なまでに揃っている証拠、口を揃えて周りが言う大山の噂、どれも何かを隠しているようにしか思えませんよね。

大山の元部下で現在は三枝の上司である桜井(吉瀬美智子)は大山は無実だということを信じており、大山の父親が営む時計屋にも足を運んでいます。

桜井と三枝はまだ大山の収賄事件の情報を共有していませんが、二人が協力すれば大山の事件の真相が分かるかもしれません!

怪しいのはもちろん、あの人!

大山の収賄事件に関与している可能性が最も高いのはやはり、中本ですよね。

中本は大山の事件のあとに昇進しているために誰かと取り引きをしたのではないでしょうか。

岩田も怪しいのですが、岩田は中本に何か弱味を握られている可能性もあります。

岩田と大山はかつてはしっかりとした信頼関係を築いていたので、もしかしたら岩田は大山の事件をずっと追っていて、情報を得るために中本に近付いているのかもしれません。

中本は自分の昇進のために大山を収賄事件の犯人に仕立てあげ、そして大山を消したということなのでしょうか?

今後の展開が気になります!

大山の収賄事件の真相まとめ

大山の収賄事件の真相は解明されるのか?

三枝と桜井が協力して大山を救うことができるのか?

今後の展開が気になるドラマ「シグナル 長期未解決事件特捜班」は毎週火曜夜9時放送です。

6話では一体何が起こるのでしょうか?どうぞ、お見逃しなく!

(引用:https://www.ktv.co.jp)

関連記事