シグナル 大山は生きてる?過去で大山はどうなったの?

ドラマ名別

坂口健太郎さん主演ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」はいよいよ佳境を迎えている今注目のドラマです。

三枝(坂口健太郎)と大山(北村一樹)は無線で過去と未来という時空を超えてやり取りをしていますが、いよいよ大山が失踪したとされる日が近付いてきています!

現代ではまだ大山は登場していません。

果たして大山は生きてるのか、死んでるのか・・・。

大山についてまとめてみました。

シグナル 大山は生きてる?大山の失踪事件について

大山が失踪したとされているのは、三枝の兄である加藤亮太(神尾楓珠)が起こしたとされる集団暴行事件の後のようです。

7話の最後で三枝が大山に今は何年の何月何日ですか?と言うと集団暴行事件が起こる前でした。

三枝は必死にこれから起こるはずの事件のことを調べてくれと頼み、集団暴行事件の真相を調べようとしています。そしてこの事件の真相こそが、大山が失踪する原因となっていたようです!

シグナル 大山は生きてる?大山は警察の闇を知りすぎた・・・

7話までに、警察の上層部は権力者の家族には手を出せずにいるということを思い知らされました。

刑事部長の中本(渡部篤郎)は、大山が失踪する前から衆議院議員の野沢(西岡徳馬)の命令で事件を揉み消すなどのことをしていたようです。そして亮太が起こしたとされる集団暴行事件の真犯人はきっと、同じように権力者の息子だったのでしょう!

その真相に気付いた大山は真実を公にしようとしたことに気付いた何者かにより失踪させられ、収賄事件の犯人とされてしまったのだと思われます!

シグナル 大山は生きてる?死んでる?

大山の部下であった桜井(吉瀬美智子)は大山の無実を信じ、大山の消息を追っています。 法医学医の安西(青野楓)に大山らしき遺体があればすぐに教えるように伝えてありますが、ずっと大山の遺体は見付からずにいます。

大山が生きている可能性は高い!?

こんなに長期間、遺体が見つからないのであれば、大山は生きているという可能性が高いです!

しかし見つからないというのは、どこかに監禁されているか、名前を偽りずっとどこかに潜伏しているのか、それとも昏睡状態なのかなど、色々なことが考えられます!

集団暴行事件の真実、大山の消息など非常に気になります。

関連記事