シグナルの黒幕予想!原作とは違う結末!?怪しいのはやはり…

シグナル-長期未解決事件捜査班-

こちらの記事も読まれています♪

韓国で爆発的大ヒットとなったドラマのリメイク版「シグナル 長期未解決事件捜査班」がついに放送開始しました!

現代と過去を行き来するストーリー、スリリングな展開、さらに坂口健太郎さん、北村一輝さん、吉瀬美智子さんら豪華なキャストなど見どころ満載のドラマです!

「シグナル」黒幕予想!あらすじをおさらい

主人公の三枝健人(坂口健太郎)は独学でプロファイリングを学んた警察官です。健人は幼い頃に起きた女児誘拐殺人事件、兄の自殺のことがきっかけで心に深い傷を負い警察を全く信用していません。

女児誘拐殺人事件の時効が間近に迫ったある時、健人が偶然手にした無線機から男の声が聞こえてきました。男が発見したという遺体発見現場に健人が行くと、そこには白骨化した遺体がありました。

声の主は刑事の大山剛志(北村一輝)ですが、次第に健人は大山が15年前を生きているということに気が付いていきます。現在と過去を生きる2人の刑事が協力し事件を解決していくのですが…?!

「シグナル」の黒幕候補No.1は渡部篤郎演じる中本慎之助

中本は現在警視庁の刑事部長ですが、警察の裏の顔とも呼べる存在であるという黒幕候補No.1にぴったりの役です!

中本は数々の政治家や大企業に絡む隠蔽工作を行っており、あの手この手を駆使し現在の刑事部長という地位まで登り詰めた男ですので怪しすぎますよね。

大山が居なくなったことにも中本が関係しているのでしょうか?疑惑の男、中本を渡部篤郎さんがどう演じるのかも楽しみですね!

「シグナル」の黒幕は意外な人物かも…?

中本が黒幕だとあまりにも「やっぱり!」という感じが強すぎるのでもしかしたら日本版のシグナルでは黒幕が意外な人物かもしれません。

刑事課係長の岩本一夫(甲本雅裕)は健人や桜井美咲(吉瀬美智子)の味方と思われますが実は黒幕という可能性も捨てきれません!味方と思われる岩本が黒幕だったら意外ですし驚きですよね。

実力派俳優の甲本雅裕さんの演技にも注目が集まりそうです!

 

果たして事件の黒幕とは一体誰なのでしょうか?韓国版のシグナルと日本版のシグナルではストーリーも少し変わるかもしれませんので、もしかしたら黒幕も別の人物かも…?

気になるドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」は毎時火曜夜9時放送です。どうぞお見逃しなく! (引用:https://www.ktv.co.jp)

関連記事