シグナル 吉瀬美智子の過去が変わる?予想できない衝撃の展開!

ドラマ名別

韓国で爆発的大ヒットとなったドラマの日本リメイク版として「シグナル 長期未解決事件特捜班」が放送中です。

日本でも視聴者満足度の高い作品となっているシグナルですが、吉瀬美智子さんが演じる桜井美咲の過去もどんどん明らかになっています。

三枝(坂口健太郎)と大山(北村一輝)の行動で過去が段々変わってきてしまっていますが、今後は桜井(吉瀬美智子)にも大きな影響を与えることになります!

吉瀬美智子の過去が変わる?原作では・・・

原作通りの展開となると、今後桜井(吉瀬美智子)は事件の捜査中に怪我をして事件から手を引くことになってしまいます。しかも、物語にももう出てこなくなるという異例の事態になってしまいます。

しかし、桜井(吉瀬美智子)が出てこなくなるのは現在2018年のお話ですので過去を買えれば桜井(吉瀬美智子)の離脱は免れるのです!

三枝(坂口健太郎)と大山(北村一輝)が協力して、事件の真犯人を捕まえれば桜井(吉瀬美智子)は怪我をすることもなく無事に刑事を続けられるのです。

原作ではこれが上手くいったことになっていますが、日本版シグナルではどうなるのでしょうか?!

吉瀬美智子を過去で助けられるのか?

5話までの放送の中で無線機についてわかっていることは、23:23になると繋がること、現在と過去では時の流れが違うことくらいです。

現在では1日しか経っていなくても過去ではなんと1年経過していました。

無線が繋がらない日もあるということは5話で放送されています。5話でやっと三枝(坂口健太郎)と大山(北村一輝)が過去と未来が繋がっていることをちゃんと話せたのですが、今度は無事に無線のやり取りだけで桜井(吉瀬美智子)を救えるのでしょうか?!

吉瀬美智子の過去を変えるうちに北村一輝が・・・

現在大山(北村一輝)は失踪したということになっていますが、桜井(吉瀬美智子)を救おうとするまでは大山(北村一輝)は無事だったということになります。

大山(北村一輝)の失踪の原因となっていそうな収賄事件には、警察の上層部である中本(渡部篤郎)が間違いなく関与していそうです!

5話の終わりに、大山(北村一輝)は泣きながら無線機を使うんじゃなかったと悔やんでいましたが、一体何が起こったのでしょうか!

三枝(坂口健太郎)は無線機を使い大山(北村一輝)も救うことができるのでしょうか?

過去と現在の時系列、そしてスピード感溢れる展開が見もののドラマ「シグナル 長期未解決事件特捜班」は毎週火曜夜9時放送です。

三枝は桜井(吉瀬美智子)、大山の過去を変えることができるのでしょうか?どうぞ、お見逃しなく!
(引用:https://www.ktv.co.jp)

関連記事