シグナル 北村一輝は死んでる?1話で誰に殴られたのか?

キャスト

坂口健太郎さん主演の火曜ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」は、韓国の人気ドラマのリメイクとして話題を集めています。

1話で坂口健太郎さん演じる健人と過去からコンタクトをとっていた北村一輝さん演じる大山刑事について調べていきます。

「シグナル」1話:北村一輝は死んでる??

大山刑事は1話で閉鎖された病院で死体を見つけて未来の三枝と交信をした後に何者かに殴られたシーンがありました。殴られた後どうなったのか描かれていません。過去にも現代にも登場しません。

現在のシーンでは、出世した中本慎之助(渡部篤郎)や岩田一夫(甲本雅裕)は、登場しています。北村一輝さん演じる大山刑事の出演シーンが1度もないのでどうなってしまったのか話題になっています。

一体あの場所に他に誰がいたのでしょうか。誰に殴られてしまったのでしょう。謎は広がるばかりです。

大山刑事は、過去の城西警察署刑事課所属の刑事で、一人の女子児童が下校途中に誘拐された事件の当時三枝健人小学生で、唯一犯人を目撃していました。

テレビで犯人が男と報道されているのを見て、犯人は「女性だ」と実際に警察に行って伝えようとしますが、誰も相手にしてくれないので、意見箱に「はんにんは、おんなのひとです。」と書いた紙を入れて帰ろうとした時に北山刑事とぶつかります。

事件の話しをする刑事の会話の中で、大山の意見が正しかったのではと思い返している会話があります。今更大山の事などと言う言葉も出てくるので、大山刑事は刑事ではない事はわかります。

原作から考えても北村一輝は死んでる?

女子高生暴行事件が1999年に起こります。三枝健人の兄、加藤亮太(神尾楓珠)が誤認逮捕されます。大山刑事はこの事件の担当捜査員をしていました。

少年院から出所した加藤亮太は、無実を証明するために真相を調べ始めます。そして、とうとう証拠となるマフラーを発見します。

それを唯一信頼できる大山刑事に渡そうとしますが殺害されてしまい自殺で処理されてしまいます。

大山刑事は事件の真相に気づきます。何故か贈収賄容疑をかけられてしまい刑事をやその後警察の同僚によって殺害され遺体を埋められて失踪した事になってしまいます。

原作から考えると贈収賄容疑をかけられて同僚によって殺害されて表向きは収賄容疑で謎の失踪をしてる事になっています。という事は殴ったのは岩田一夫なのでしょうか・・・。

北村一輝が死んでるかはストーリーが進むにつれて明らかに

三枝健人は、コンタクトをとってきた大山刑事とは誰なのかどのような人物なのか、警察のデータを調べ始めます。調べていくうちに大山刑事はある日謎の失踪をして懲戒免職という処分を受けている事を突き止めます。

さらに調べると警察組織の陰謀が見え隠れしてきます。桜井美咲(吉瀬美智子)は、大山刑事の厳しい教えを受けた1人で突然失踪した大山の行方を探しています。

無線の中で、健人は巡査なのに警部補と呼ばれています。15年前にも三枝警部補がいたのか。大山刑事が何者かに頭を殴られて通信が途絶えてましたが、2話でまた無線は繋がるのでしょうか。

いかがでしたか。2話でも無線はつながるはずなのでどのように大山刑事が登場するのかとてもワクワクしています。

関連記事