シグナル 吉瀬美智子が死ぬ!?原作からネタバレ!

シグナル-長期未解決事件捜査班-

「シグナル」吉瀬美智子が死ぬ!?原作からネタバレ!

「シグナル-長期未解決事件捜査班-」は、坂口健太郎さんが初主演ということで話題ですが、女刑事桜井美咲役で、出演するのが吉瀬美智子さんです。そんなクールで強気な女刑事が原作では死んでしまうという衝撃の展開!

本当に死んでしまうのか原作からネタバレしていきます。

吉瀬美智子が死ぬと思われる、「大盗事件」と言われる窃盗事件

新人時代に大山から厳しい指導を受けているのが吉瀬美智子さん演じる桜井美咲です。

大盗事件(1995年)とは

1995年、大山は「大盗事件」という窃盗事件を追っていて、三枝と無線でつながった時に、犯人を教えて欲しいといいますが、まだ犯人がわかっていなかった三枝は大山にヒントだけを伝えます。

権力者の家ばかりを狙った窃盗事件で、犯人の男は大山と交流のある元泥棒だった。無罪を主張していたが、目撃者と現場に残った指紋が決め手となって投獄されます。

未解決事件だった大盗事件の犯人が逮捕されている事に過去が変わりました。

そして2015年、誘拐事件が発生します。

事件に巻き込まれ吉瀬美智子は死ぬ!?

20年前、犯人の男の娘が、手抜き工事の橋の崩落事故に遭い死亡してしまいます。当時犯人の男は誤認逮捕されていて娘の事を助ける事ができませんでした。

出所してきた男は、同じ事故にあった女の子の父親を、自分の娘だけを助けたと逆恨みをしていました。娘を失う悲しみを味わうように、橋の事故で生き残った女の子を誘拐していました。

桜井はその女の子が冷凍車に監禁されていると突き止め冷凍車を事故現場のそばで発見します。冷凍庫のドアを開けると中には爆弾が仕掛けられていて、美咲は爆発に巻き込まれてしまい命を落とします。

吉瀬美智子はどうなるのか

現代にいる三枝と過去の大山は、桜井の死を回避するには、大盗事件を再捜査するしかないと協力して事件を調べます。

最操作していくと、誤認逮捕をしていて真犯人が被害書の息子である事がわかりました。真犯人を大山が逮捕した事によって、桜井は死なずに済みました。爆発事故自体がなかったことになっています。

しかし、真犯人は権力者の父親によって微罪になり釈放されてしまいます。そして、彼は殺人を犯します。

過去を変えたことで、吉瀬美智子演じる桜井美咲は死ぬ事を回避する事ができましたが、過去に死ぬ事がなかった人が、新たな犯罪により死んでしまうという現実があります。

この時、生きる事ができた桜井美咲は長期未解決専門チームのリーダーとして、数々の未解決事件を解決していきます。

桜井美咲役・吉瀬美智子

吉瀬美智子さんは、コメントで、久しぶりの刑事役を、格好よく演じたいと思っていますと言っています。

最近は、女らしいセクシーな衣装が多かったイメージがありますが、今回は刑事という事で動きやすいカジュアルなファッションのようです。

女性らしい役柄も素敵ですが、クールな刑事役もカッコよくて素敵です。事件に巻き込まれて死んでしまうのかと思いましたが、まだ、素敵なかっこいい姿を見る事ができるようです。

無線の大山刑事の事もとても気になりますが、大山刑事を想う桜井美咲刑事もとても気になります。

関連記事