シグナル 岩田は誰に刺された!?不吉な予告映像!真相は?

ドラマ名別

「シグナル」6話では工藤の娘・和美が亡くなった経緯や、桜井美咲の殉職など見るに堪えない衝撃展開の連続でした。

そんななか、6話終了後の予告映像にもさらなる衝撃映像、“岩田が何者かに腹部を刺され、三枝の目の前で倒れる”という映像が!

一体、岩田の身に何が起こったのでしょうか。
そして誰に刺されたのでしょうか?

原作の韓国版から、その真相を追っていきたいと思います。

「女子高生集団暴行事件」の幕開け

桜井美咲の殉職の際に見せた、岩田の人として温かい部分。

岩田は中本刑事部長ほどには中身は腐っていない様子。そしてそれをプロファイラーの三枝も感じ取ったのではないでしょうか。

原作の韓国版を参照すると、7話では、工藤の絡んだ連続窃盗事件の真犯人が無事に逮捕され、この事件は一応解決し、桜井の死なない未来を創造することに成功します。

しかし、その次に起こる事件「女子高生集団暴行事件」で、過去の大山と現在の三枝がそれぞれ捜査を進めていくうちに、それを嗅ぎつけた岩田が過去では大山の捜査に横槍を入れ、現在では三枝に接触してきます。

岩田の決死の三枝への忠告

7話の予告映像では電話で岩田が三枝に「あの事件について調べるのは危険だ」と話します。

そして、さらには「真実を知れば、お前も兄貴と同じ目に遭う」と忠告も。しかし、その忠告に三枝は「命を引き換えにしても真実を明らかにしたい」と宣言。

岩田の言う“あの事件”とは「女子高生集団暴行事件」のことであり、三枝の兄が冤罪で主犯格にされた事件のことで、三枝はどうしてもその真相を知りたいと思っているようです。

たしかに、この事件の解決が刑事になった動機と言っても過言ではないですから、三枝の決意が固いのも無理はありません。

岩田の心境の変化

そこで岩田は、とうとう三枝に真相を打ち明けようと決意し、三枝を内密に呼び出します。

そして、そこへ三枝が駆けつけたときには、既に岩田は何者かに刺され、腹部から大量出血した状態でした。

おそらく中本に、三枝に真相をリークしようとしているのがバレ、先手を打って刺されたのではないかと思われます。

ではなぜこのタイミングで岩田が真実を三枝にカミングアウトしようとしたのか、というと、そこには大きな理由がありました。

長年、白血病の娘の治療費を支払うことを条件に、中本の悪事に従ってきた岩田でしたが、その娘が亡くなってしまったのです。

そこでもう中本に忠誠を誓う義理もなくなり、長年の罪悪感から、三枝への真相告白に踏み切ったのでした。

シグナル 岩田は誰に刺された!?不吉な予告映像の真相まとめ

以上が「シグナル」7話の予告映像で岩田が刺されていた真相でした。すべては白血病の娘のためだったとはなんとも切ない話です。そしてそれを利用する中本のゲスっぷり。日本版ではどのような描かれ方をするのか、非常に楽しみですね!

関連記事