シグナル 3話の犯人予想!21年前の事件と現代の事件の真犯人は・・・

シグナル-長期未解決事件捜査班-

「シグナル」3話の犯人予想!

「シグナル」3話では結局現代も過去も犯人に辿り着かないまま終了してしまいました。しかも過去が変わったことで現代で新たな殺人事件も勃発。

21年前の女性連続殺人事件、そして現代の八代英子殺人事件、この殺人犯は一体誰なのでしょうか?犯人の予想をしていきたいと思います。

「シグナル」3話:2018年で起きた八代英子殺人事件の犯人は!?

3話で長期未解決事件捜査班が捜査を再度開始したことから、突如起こったこの殺人事件。普通に考えれば、退職したバスの運転手・田中修一が犯人ではないかと考えます。

1997年当時も大山の取り調べに対し、誰も乗客はいなかったと証言していますが、これが嘘の可能性は高く、そうなるとこのバスの運転手は犯人とグルだったのでは、と推測できます。

犯人はバスに乗り込んだため、そこに乗車していたふたりの女性を口封じに殺害。しかし運転手を殺害しなかったのは犯人とグルだったからに違いありません。

どちらにせよ、田中は21年前の事件の共犯者であるとすれば、当然また再捜査され始めた事件で、しかも時効が廃止されたとなれば、さらなる口封じが必要になったのでしょう。なのでこの事件の犯人は田中修一だと考えます。

「シグナル」3話:1997年に起きた女性連続殺人事件の犯人は?

では、21年前の事件の犯人は誰なのでしょうか?一瞬、八代が実行犯だったのか?とも思ったのですが、大山が5人目の被害者を救ったときに格闘していた人影は、明らかに男性でした。

なので八代ではなさそう・・・。となってくると全く予想がつきません。まだその犯人はドラマの画面上にしっかりとは出ていないものと思われ、正直予想のしようがありません。

ただバスの運転手・田中修一とグルであったことは間違いないと思われます。

韓国版「シグナル」での真犯人は?

韓国版「シグナル」では、過去の事件の真犯人はなんとバスの運転手の息子だった、という結末でした。つまり息子の犯行を隠蔽するために、大山に嘘の証言をし、口封じに八代を殺害したのです。

日本版「シグナル」ではどうなるかわかりませんが、おそらく同じ結末を迎えるのではないかと思われます。

3話の犯人にまつわる謎

ただここでひとつ気になることがあります。そう、犯人は三枝健人たちのプロファイリングでは、“快楽殺人”ではないかとみられていました。

つまり犯人は殺人の衝動を抑えられないサイコパス。その犯人がなぜ21年もの間、犯行を重ねずにおとなしくいられたのでしょうか。

そこには、1997年に犯人を突き止めた大山が犯人と格闘中に、犯人を屋上から落としてしまい半身不随になっていた、という展開があり、そのせいで犯人は犯行を続けられなくなったようです。これですべてに納得がいきますね。

 

以上が「シグナル」3話の犯人予想とその答え合わせでした。韓国版「シグナル」があるのでどうしても先の展開がわかってしまうのですが、それでもハラハラさせられる見事なこのドラマ。

次回どのような流れで犯人に辿り着くのか、しっかりと見届けたいと思います。

関連記事