シグナル チェインストーリー ネタバレ 3.5話は北野みどりが主役!

シグナル-長期未解決事件捜査班-

シグナル チェインストーリー 3.5話のネタバレはこちら!

韓国で爆発的人気を誇ったドラマ「シグナル」は、日本では坂口健太郎さんが主演し大好評のドラマです。本編はもちろん人気ですが、Web配信のチェインストーリーも人気となっています!

本編3話の放送終了後からチェインストーリー3.5話が配信されました!

シグナル チェインストーリーのネタバレ 3.5話は北野みどりが主役!

1997年、北野みどり(佐久間由衣)は薬物に手を出し道を踏みはずしましたがなんとか立ち直り、ラーメン屋でアルバイトをしながら生活をしています。

北野みどりは自分のことを気にかけてくれる刑事の大山剛志(北村一樹)に淡い恋心を抱いていますが、鈍感な大山は全く気付いていません。

北野みどりは元気がない大山剛志のことが気になり、なんとか大山剛志を元気付けようと考えているとそこへラーメン屋の店長である安田二朗(矢柴俊博)がやって来ます。

北野みどりはフランス菓子の本を買って、お菓子が好きな大山剛志のためにクッキーを作ろうとします。

ゆくゆくはお菓子の勉強をして自分のお店を持ちたいという北野みどりでしたが、北野みどりの家にもラーメン屋にもオーブンは無くレンジしかないため根本的に無理でした!というコメディタッチの心暖まるチェインストーリーでした。

「シグナル」本編3話→チェインストーリー3.5話→本編4話への繋がり

3話では三枝健人(坂口健太郎)と大山剛志はついに無線機が過去と未来を繋いでいることを知ります。

三枝健人の助言により連続殺人事件の5番目の犠牲者は殺害されることなく未遂となりましたが、それが原因でその後の事件の犯行時刻や犯行場所が変わってしまいます。

大山剛志は5番目の犠牲者を救った後に犯人を逮捕しますがそれは誤認逮捕で容疑者は取り調べ中に亡くなってしまいました。

無線機で大山剛志は三枝健人から次の犠牲者は北野みどりだと知らされ、大山剛志山は大急ぎで北野みどりを助けに向かいます。

3.5話では北野みどりが犯人に襲われる日の昼間の様子が描かれており、北野みどりは平穏な日が終わってしまうかもしれないとは夢にも思っていない様子でした。

そして4話では、大山剛志が北野みどりを助けることができるのかが描かれます!仮に北野みどりを助けられたとしたら未来がまた大きく変わることになりますし、助けられなかったとすると大山剛志の人生は一変してしまいそうです!

4話がひとつのターニングポイントになりそうです!

 

3.5話では北野みどりの想いが描かれていましたが、4話で大山剛志は北野みどりを助けることができるのでしょうか?!

ドラマ「シグナル 長期未解決事件特捜班」は毎週火曜夜9時放送です。チェインストーリーにもどうぞご注目ください!
(引用:https://www.ktv.co.jp)

関連記事