シグナル チェインストーリー 5.5話 工藤の娘・和美の姿が愛おしい

ドラマ名別

シグナル チェインストーリー5.5話 あらすじ

「シグナル」放映後にGYAO!で放映中のチェインストーリー。

大体キム兄と池鉄さんがわちゃわちゃして終わるというパターンが多かったのですが、今回のチェインストーリーの5.5話はかなり本格派。

あの本篇で連続窃盗事件に伴い登場してきた工藤親子の物語です。涙なくしては見られません。

同級生に窃盗犯の娘だということで疑いをかけられる和美

工藤の娘・和美は同級生ふたりに、ものを盗んだのは、窃盗犯の娘のお前だ、というあらぬ疑いをかけられます。

加害者の家族というものは辛いですね。家族といえども別人間なのに、まるで犯罪者扱い。和美はまだ学生ですから、素性がバレるとおそらくこうした攻撃を受けるか、もしくは友人だったひとが離れていく、といったことが起こる可能性が高いです。

しかし、和美は父は服役しちゃんと罪を償ったと主張。

そして自分はものを取ったりしないとしっかり否定します。本当に頼もしい娘さん。もうこのシーンで涙が出てきてしまいました。

そしてそれを偶然通りかかった父親の工藤がはらはらしながら見守っています。

父親として庇ってやりたいところですが、ここで自分がでていくとかえって混乱を招きそうなので、ただただ隠れる工藤は、所在なさげです。

父親にきっちり説教する和美

でもそんな工藤の姿はばっちり和美にバレていました。

友人にもそして刑事の大山にも、今、お父さんはきちんと働いている、だから窃盗はもうしないと言ってしまったから、ちゃんとして欲しいと軽く説教。

工藤は本当に幸せですね、こんなに美しくて性格の良い娘を持てて。そうした和美の父親への思いが届いたのか、工藤は窃盗をおそらくしていない、と思われます。

ところがこの後、和美の訴えを信じ切れなかった警察が、工藤を誤認逮捕。そして和美は火災に巻き込まれ焼死してしまうのです。

死んだ目をした工藤の犯行

そして、現在-。

和美の写真を見つめる工藤。和美を亡くした今、もう工藤には生きる希望もないのでしょう。

誘拐した女性を冷凍庫?のようなところへ監禁し、その両親に脅迫のメールを送り付けています。

シグナル チェインストーリー5.5話 あらすじまとめ

和美の死とこの誘拐された女性とその家族に一体どんなつながりがあるのでしょうか。その詳細はおそらく6話で明らかになってくると思われます。

以上が「シグナル」のチェインストーリー5.5話でした。本当に工藤親子の演技が素晴らしいので、ちょっとした短編映画を観ているような上質なお話でした。

この回は一見の価値があると思われるので、未視聴のかたはぜひ視聴してみてください。泣けます。

関連記事