趣里 出演CMが可愛いと話題!代表作2つのCMはコレ!

趣里 出演CMが可愛い

今さまざまなメディアで活躍している趣里さん。日曜劇場「ブラックペアン」ではニノこと二宮和也さん演じるオペ室の悪魔・渡海医師の頼りになる片腕として、その存在感や演技力を遺憾なく発揮されています。

そんな趣里さんですが、活躍の場はドラマだけではありません。そこで趣里さんが出演している印象的なCMを紹介していきたいと思います。

趣里出演CM2作品

2016年小田急電鉄CM「世界に一つの日々と3人の日々」

もう2年前になりますが、小田急沿線上で育った高校時代の親友たち3人のストーリーになっているこのCM。どうやら3人のうち趣里さんが結婚することになり、久しぶりに3人で会ったというシチュエーションのよう。

やはり結婚を契機に再会する、というのは女友達のてっぱんなのでしょうか。

これから別々の道を歩むと、結婚する、しない、仕事を辞める、辞めない、子どもがいる、いない、などとどんどんライフプランが変化して枝分かれし、だんだんとそのサイクルに合わなくなる友人も出てきます。

さて、この3人の友情は続いていくのでしょうか。3人とも個性のあるいい女優さんが演じていますね。

2018年ダスキンCM「くらしのリズムを整えよう」

これ!このCM!風間俊介さんとこどものやり取りが微笑ましくて印象的でしたが、このCMのなかで後からお出かけから帰宅するママ役は趣里さんだったのですね。気づきませんでした。

「ブラックペアン」の時のキツくて冷静沈着な動じない雰囲気の女性とは真逆で、ふわーっとした可愛らしい少女のような面影を残す女性。やはり演技力は計り知れないものがあります。印象ががらっと変わっていてお見事です。

それにしても、ママをお出かけさせてあげて、子守りをしながら留守を守ってくれる、風間俊介のようなパパ、いいですね。あんなパパ、なかなかいないです。しかも掃除までしてくれるとは、涙が出てきます。

子どもの面倒も見ずに、ただただ子ども以上に部屋を散らかすタイプのパパもいるなかで、このダスキンのCMのパパは理想的です。

趣里さん自身も“素敵な時間を感じられた撮影”と振り返っているこのCM。ぜひ見てみてください。

趣里の出演CMまとめ

以上、趣里さんの出演しているCMについてみてきましたが、存在感のある女優さんなのでCMでも映えるな、と思いました。

これからもドラマや舞台、映画のみならずこうしたCMでもいろいろな作品に挑戦していって欲しいと思います。

関連記事