正義のセ ゲスト 3話は三浦貴大と磯山さやかが出演!

ドラマ名別

正義のセ3話ゲストに三浦貴大と磯山さやかが登場!

阿川佐和子さん原作、吉高由里子さん主演ドラマ「正義のセ」は、新米検事である竹村凛々子(吉高由里子)が周りとぶつかり、迷いながらも検事として自分の正義を貫いていくお仕事ドラマです。

3話ではゲストに三浦貴大さんを迎えて、凛々子は初めての結婚詐欺事件を担当することになりました!

ゲスト1:磯山さやか(沢井七美役)

今回の事件の被害者である七美を演じるのは磯山さやかさんです。七美は30歳を過ぎ初めて婚活パーティーに出席し、そこでとある企業の社長である藤堂という男と出会います。

夢を楽しそうに語る藤堂に惹かれ二人は交際を始め、付き合って3ヶ月ほどすると結婚を意識し始めました。

二人は結婚式場を予約しいよいよ結婚…そう思った矢先に藤堂は仕事でトラブルがあり会社をたたまなくてはならなくなってしまいました。

七美は藤堂の力になりたいと両親から500万円を借り、合計1000万円を藤堂に手渡しするとその後藤堂と連絡が取れなくなり警察に通報しすると、藤堂が名前も身分も全て偽りだったことが分かり結婚詐欺師だということを知らされたのでした。

婚活中の七美を演じた磯山さやかさんですが、磯山さやか自身も未婚であるため視聴者側もついつい感情移入してしまうほどピッタリの役柄でした。

ゲスト2:三浦貴大(鈴木正夫役)

七美を騙していた鈴木ですが、事業を立ち上げる前のため無職だという自分の経歴では婚活パーティーで相手にされないため職業を偽り、

鈴木正夫という普通の名前では印象に残らないため偽名を使っていたと言い、全てが偽りですが七美を愛していた気持ちは本当だと言い張っていました。

1000万円なんて受け取っていないとあくまで否定する鈴木でしたが、鈴木が七美ではない別の女性と高級レストランでデートする様子を、彼氏とデート中に凛々子が発見します。

凛々子は鈴木を尾行し鈴木がその女性とも結婚の約束をしているといいことを突き止めます。さらに、鈴木が隠した1000万円を凛々子は発見し鈴木は結婚詐欺の容疑で起訴されることになりました!

結婚したい女性を騙す最低な役柄を、三浦貴大さんが見事に演じきっていました。

三浦貴大さんと言えば母親は昭和の大スター山口百恵さん、父親は名俳優の三浦友和さんと両親とも才能に溢れていますので三浦貴大さんも納得の演技力でした。

 

3話では結婚詐欺師の話でしたが、4話ではどんな話でどんなゲストが登場するのでしょうか?正義のセは毎週水曜夜10時放送です。どうぞお見逃しなく!
(引用:https://www.ntv.co.jp)

関連記事