正義のセ 3話 凛々子の彼氏・中牟田優希はいい彼氏?悪い彼氏?

ドラマ名別

日本テレビ系列で水曜22時から放送中の『正義のセ』4月25日に放送された3話について、お伝えしていきます。

3話感想1:凛々子と優希がラストに衝撃の別れ

凛々子(吉高由里子)に恋人の優希(大野拓朗)が別れを告げました。皆さんはどう思われたでしょうか?私は仲が良さそうだったし、なんでこうなった?!という感じです。

しかし、優希の支店でドラマを見てみると結構つらい気持ちでいたのかもしれないと思いました。3話でのストーリーを追いながら凛々子の恋愛事情を見てみることにしましょう。

3話感想2:司法修習生だったころの同期と婚活パーティー

久しぶりの休日に、凛々子が会っていたのは司法修習生だったころの同期の2人。同期との4ヶ月ぶりの再会を喜んでいた凛々子ですが、飲んでいた場所はなんと婚活パーティーでした。

凛々子は騙されたようなものでしたが「出会っておいてもいいんじゃない?」と肉食系の同期たちに言われてしまいます。

3話感想3:彼氏・優希のこまめな連絡

優希は出張先から帰ってきた空港から凛々子に会いたいと電話をします。婚活パーティーに嫌気がさしていた凛々子はすぐさま優希に会いに行きました。

1話2話でも電話をよく優希からしていて、こまめな電話をしてくれる彼氏という印象でした。LINEでも良いんじゃ無いかと思うことも、電話で声を聞きたいと思ってくれる彼氏、私だったらとっても嬉しいです。

3話感想4:『正義のセ』第3話の被疑者は結婚詐欺師

新米検事の竹村凛々子(吉高由里子)が3話で挑むのは結婚詐欺の起訴です。凛々子は優希と高級なレストランでディナーのデート中に、被疑者が女性と食事をしているところを目撃します。

なかなか結婚詐欺の証拠がつかめずにいた凛々子はこれはチャンスだと優希をレストランに残し被疑者を尾行するのでした。

しかし、凛々子が被疑者を見つけて必死になっているとき、優希は凛々子にプロポーズをしていたのです。

3話感想5:凛々子が優希にしていたことをプレイバック

1話では久しぶりのデートがひったくりに遭ってしまい連絡もできずそのまま1日が終了しました。百歩譲ってひったくりに遭ってしまったことはしょうがないけど、探しに行くとか手があったのでは?

2話では久しぶりのデートでランチ中に呼び出しがかかり食事も中途半端のまま仕事へ向かうことに。大変だな・・・と残念そうではありましたが、見送ってくれる優希は優しいなと思いました。

そして今回の3話では・・・え、またなの?というかプロポーズ中だよ?プロポーズ中に「とっても大事なことなの」と言って被疑者を追います。

毎回おいて行かれる優希の気持ちも考えてあげてよ・・・一生懸命って違う方向になってないかい?と思ってしまいました。しかも「とっても大事なこと」は優希にとってもそうでした。

張り切って格好つけて高級レストランで食事してプロポーズなんて絵に描いたような幸せストーリーなはずがどうしてこうなっちゃうんでしょう。

3話感想6:優希の別れのセリフ

「ずるいことを考えてたんだ。結婚したら凛々子も少しは仕事もセーブして、そばにいてくれるんじゃないかと思ったんだ。」「あんなに仕事を頑張っている凛々子を見たら俺と仕事どっちが大事?とは言えないよ」と優希は言いました。

このセリフを聞いた私は、優希はよっぽど寂しい思いをしていたんだなと感じました。プロポーズまでもをないがしろにされて、自分のことを大切に思っていないと感じても無理はないと思います。

別れを選択するのもしょうがないことなのかもと思いました。

3話感想7:良い彼氏?悪い彼氏?

優希に対して最低だという声もTwitterで起きていましたが、皆さんはどう思われたでしょうか?良い彼氏と悪い彼氏と真っ二つに意見が割れているようです。仕事に理解があるフリをして自己中心的な彼氏は最低ですか?

しかし、自分のことを理解してくれるであろうとあぐらをかき毎回彼氏を置いていく彼女も自己中心的ではないでしょうか。

正義のセ 3話まとめ

女性的にも、人間的にもどんどん成長しそうな予感の第3話でした。相原さん(安田顕)が向ける失恋した凛々子への優しい眼差しもキュンときました。

ますます仕事を頑張ると宣言した凛々子。相原さんとのコンビも磨きがかかってくるのでしょうね。これからの凛々子に期待しています。

関連記事