正義のセ 3話 凛々子がプロポーズされながらも破局! 女性から不満の嵐

ドラマ名別

阿川佐和子さん原作、吉高由里子さん主演のドラマ「正義のセ」は新米検事の竹村凛々子(吉高由里子)が周りに振り回され、時に振り回しながら人間としても検事としても成長していくというお仕事ドラマです。

3話は結婚詐欺師のお話でしたが、凛々子は3話でまさかの破局を迎えてしまいました!

正義のセ3話感想!プロポーズを後回しにした結果…

正義のセ3話 凛々子が破局するまでの経緯

凛々子は恋人の中牟田優希(大野拓朗さん)と4年付き合っていて、今回3話でついに凛々子は優希からプロポーズをされました。

しかし、大事なプロポーズの最中に凛々子は担当している事件の被疑者で、結婚詐欺の疑いのある鈴木正夫(三浦貴大)が女性と親密そうにしているところを見掛けてしまい、

プロポーズをされているにも関わらず優希を置いて鈴木を尾行してしまいました。

その時の凛々子の行動により鈴木の結婚詐欺は立証され、鈴木は起訴されることになったのですが優希は凛々子に別れることを告げ、凛々子も仕方ないと納得し二人は別れてしまいました。

優希の気持ちはごもっともだけれども…

優希は凛々子に別れを告げる際、凛々子が今仕事に一生懸命な姿を見て結婚したら凛々子が少しは仕事より自分を優先してくれるのではないかと考えていたようですが、

そんな事を思っているとは微塵も感じさせないキャラクターですので少し驚きました。

優希がそう思っていたことは仕方ないことなのですが、やはり男性は忙しく仕事をする女性に理解が無いのだろうということを強く感じ、世の中の男女差別はこういった所にも表れているのだろうなと思います。

プロポーズから破局の展開に少々戸惑う

ドラマの流れとしては面白い展開だと思いますが、現実にとして考えた時にプロポーズをされた直後に別れを告げられるという展開に少し戸惑いました。

結婚するか、別れるかという究極の2択を出してきた優希に疑問がありますし、優希はそんな人だったのかという気持ちにすらなりました。

仕事が好きで働く女性の恋愛の難しさを描いたのかもしれませんが、なんだかモヤモヤする結末となってしまいました。

正義のセ3話感想まとめ

優希と別れた凛々子に今後恋の予感はあるのでしょうか?!ますます今後の展開が気になるドラマ「正義のセ」は毎週水曜夜10時放送です。どうぞお見逃しなく!
(引用:https://www.ntv.co.jp)

関連記事