ブラックペアン サッカーをする高階先生が下手すぎて笑える!

ドラマ名別

「ブラックペアン」ではスナイプ手術により、病気を克服したかに見えた小春ちゃんにまた別の問題が発覚。

急遽、ダーウィンを使用した手術を行うようになりますが、途中で大ハプニング。絶体絶命かと思われた矢先、渡海と猫田コンビの登場により、小春ちゃんは危機一髪で助かりました。

そんな小春ちゃんと高階先生は大の仲良し。元気になったら一緒にサッカーをしよう、と笑顔で約束していたのですが…

5話 壊滅的な高階先生のサッカー能力が露呈

なんとか手術も無事に終わり、小春ちゃんは順調にリハビリをこなし回復に向かっています。退院するまでに高階先生と一緒にサッカーをすることを楽しみにしている、かわいい小春ちゃん。

しかし肝心の高階先生は…数名の研修医の爆笑を誘うような、壊滅的なサッカー能力しかないことが判明。(研修医もあんなに露骨に笑うなんて…もっと気を遣ってあげて!)

本人が至って真面目なのが、余計に笑いを誘います。なんというかもう足がまっすぐで、ボールがあらぬ方向に飛びまくっています。

これでは、小春ちゃんとサッカーをさせるのは逆に危険です。当分、世良が高階先生のサッカーの先生になって特訓することに。

高階先生の「頼む」の切実さといったら。もしかしたら高階先生にとってサッカーは、オペよりも難しいかもしれません。

高階先生はなぜサッカーができない?

では、なぜあんなにサッカーができないのでしょうか。もともと運動全般が苦手だった、ということも考えられます。

家が医者の一族とかで、幼少期からとにかく勉強ばかりさせられてきた結果、運動場が極端になにひとつできなくなってしまった、というのが一番可能性が高い気がします。

あとは、球技だけがどうしても苦手、というのも考えられます。水泳や陸上や体操などは人並みにできるのに、ボールを扱う能力が著しく劣っている、というかたも時々いますので、高階先生もそういうタイプなのかもしれません。

高階先生のサッカーの能力は上達する?

さて、高階先生は世良による特訓で、本当にサッカーができるようになるのでしょうか。

正直あれではかえって小春ちゃんに危険が及ぶレベル。もうかっこつけないで、「先生はサッカーができないんだ」とカミングアウトしたほうが、個人的にはいいような気がします。

高階先生は小春ちゃんのまえではカッコつけていたいのでしょうけれど、もうすでに「干されている」と陰で言われてしまっていますから、もう“失うものは何もない”はず。

あの高階スマイルで告白すれば、小春ちゃんも笑って許してくれるでしょう。せめてかけっこくらいで手を打つのはどうでしょうか。

高階先生のサッカーシーンまとめ

以上「ブラックペアン」5話ラストでの高階先生のサッカーシーンについてでした。

かっこいい高階先生のヤバいサカッカー能力は意外でしたが、かえってこのシーンで高階先生の好感度はかえって上がったのではないでしょうか。

人間、欠点があったほうが親しみやすいものです。

関連記事