ブラックペアン 二宮和也の演技が絶品!ブラックニノ最高!

キャスト

「ブラックペアン」二宮和也の演技が絶品!ブラックニノ最高!

二宮和也さん主演の日曜劇場ブラックペアンがついにスタートしました!初回視聴率が13.7%と好スタートを切ったブラックペアンですが、主演の二宮和也さんのダークヒーローぶりがハマり役だと話題となっています。

二宮和也さんが演じる渡海征司郎についてまとめました!

二宮和也演じる渡海征司郎の役柄

東城大学医学部付属病院に勤める渡海は、患者を生かし、医者を殺すというオペ室の悪魔と呼ばれる存在です。その異名の通り、天才的な縫合技術でオペの成功率は100%という超一流の技術を持っています。

しかしその人間性にはかなり問題があり、別の医師が執刀するオペで失敗しパニックを起こしていると渡海がやって来て退職金1000万円で執刀を交代し揉み消すと言い見事に成功させてしまいます。

患者をモノとして扱うなどの言い回しをし、新人研修医の世良雅志(竹内涼真)から反発されますが本心からそう思っているのかはまだ分かりません。

二宮和也演じる渡海に味方は存在する?

今のところ、渡海の味方と断言できるのは主任看護師の猫田麻里(趣里)ただ1人です。猫田は渡海のオペに必ず現れる看護師で、唯一渡海が信用している看護師のようです。

渡海の上司にあたる東城大学医学部付属病院の外科教授、佐伯清剛(内野聖陽)は世界的権威を持つ天才外科医ですが、渡海に対して「本当にお前は、俺に貢献してくれている」と渡海の手柄も佐伯の手柄になってしまうようです。

渡海もそれで納得しているようですがその真意はまだ分かりません。世良は渡海の元で研修医として働いているため、今後大きな影響を受けるだと思われますが、最終的には世良は渡海の味方になるのだと思います。

大きな大学病院という組織の中で味方と思わしき人物はこれだけですので、渡海には本当に敵が多いです!

プライベートでは、渡海は母親である春江(倍賞美津子)にだけは心を開いて話をしますが、亡くなった父親については何か秘密がありそうです!

ダークニノの演技の魅力

ダークヒーローと言われる渡海は「邪魔」「どけ」などの短い言葉で酷いことを言っていますが、ファンの方にはその暴言がたまらないようです!

どれだけ暴言を吐いていても、本当はダークヒーローではなくヒーローなのでは?と思わせてしまうのは、二宮和也さんの人柄なのでしょう!

良い人というイメージの二宮和也さんが渡海を演じることで、ギャップたまらない!ハマる人が続出しています。

 

二宮和也さんのダークヒーローぶりがハマるドラマ「ブラックペアン」は毎週日曜夜9時放送です。どうぞお見逃しなく! 
(引用:https://www.tbs.co.jp)

関連記事