ブラックペアン ダーウィンについて解説!ダーウィンは存在する?

ドラマ名別

二宮和也さん主演の大人気ドラマ「ブラックペアン」は好評放送中のドラマです。

東城大学医学部附属病院に勤務し天才的な技術を持つ主人公の外科医である渡海征司朗(二宮和也)、同外科部長の佐伯清剛(内野聖陽)、スナイプを持ち込んだ同大学新任講師の高階権太(小泉孝太郎)らの攻防が面白いと話題のドラマです。

5話に登場する最新医療機器ロボット「ダーウィン」とはどんなものなのでしょうか?

実際には存在するものなのでしょうか?

最新医療機器「ダーウィン」についてみていきたいと思います。

ブラックペアン 5話予告あらすじ

外科学会理事長選のため攻防を続けていた佐伯と帝華大学医学部附属病院の西崎教授(市川猿之介)でしたが、高階の論文の最後の名前は西崎の名前が書かれていました。

高階は佐伯に西崎を裏切る素振りを見せましたが、結局、高階は恩師である西崎を選んだのでした。

高階は帝華大に戻る準備を進めていると、渡海と共にスナイプ手術をした島野小春(稲垣来泉)にはある懸念が…。

スナイプ論文を撤回せざるを得ないこの事態に高階と西崎は慌てます。小春はスナイプ手術によりある異常が起きていました。

小春の体は輸血ができなく、開胸手術ができないため、高階は内視鏡下手術支援ロボット「ダーウィン」での手術を提案します…!

ダーウィンとは?

このドラマ「ブラックペアン」のオリジナルの名称で、最新ロボットである内視鏡下手術支援ロボットです。

東城大にはダーウィンはありませんが、大病院である帝華大ではダーウィンをすでに導入しています。

帝華大では松岡仁医師(音尾琢真)が専門に手術を行っていますが、松岡と高階は同期のライバルということですので、さらに人間関係も複雑になりそうですね!

ダーウィンは実在する?

ダーウィンはアメリカで開発された「ダヴィンチ」という手術支援ロボットをモデルにしていますので、存在します!

初号機は1990年に開発され、現在の「ダヴィンチ」はなんと4代目なのだそうです。

「ダヴィンチ」を使った手術では遠隔操作による内視鏡下手術ができるということで、腹腔鏡手術より深部の処置をでき、切開部も小さく済むのだそうです。

世界で300台ほどが普及している「ダヴィンチ」で、より多くの命が救えるようになると良いですね!

ブラックペアン ダーウィンについてまとめ

ダーウィンの登場、そして激化する攻防、渡海や佐伯の華麗な手術など、見どころ満載のブラックペアン第5話は5月20日夜9時です。

どうぞお楽しみに!
(引用:https://www.tbs.co.jp)
(引用:anotherstorysign.com)

関連記事