ドラマ【ブラックペアン】原作・あらすじ・見どころ

ブラックペアン

二宮和也さん主演の日曜ドラマ「ブラックペアン」が4月から放送されることになりました。二宮和也さんが演じるのはどんな役柄なのでしょうか?気になるドラマのあらすじをまとめました!

ドラマ【ブラックペアン】の原作

アイドルグループ嵐の二宮和也さんが日曜劇場で主役を務めるのは今回が初めてとなります。ドラマ「ブラックペアン」は海堂尊さん原作の小説「新装版 ブラックペアン 1988」を原作としています。

海堂尊さんと言えば「チームバチスタの栄光」などで知られる小説家ですが、「新装版 ブラックペアン 1988」は「チームバチスタの栄光」の原点となる作品で、根強いファンが多数います。

ドラマ【ブラックペアン】のあらすじ・見どころ

二宮和也さん演じる天才外科医・渡海征司朗は、大学病院に勤務していながら出世に興味の全くない一匹狼です。

天才的な手技(縫合技術)を持つ渡海は、手術の成功率100%という実績を持ちますがその一方で傲慢な性格のため周りからは浮いた存在です。

同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評され、通称“オペ室の悪魔”と呼ばれています。

そんな渡海が勤務する東條大学医学部附属病院に、外科医の腕を全く必要としない最新医療機器が導入されることになり渡海は猛反対し、渡海の闘いが始まります。

この闘いは技術導入のことから始まりますが、その後病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省との癒着問題へと発展していきます。

このドラマは外科医のプライドを守ろうとする渡海が病院を相手に真っ向から立ち向かっていく痛快医療エンターテイメントドラマです!

ブラックペアンの意味とは…?

ペアンとは医療器具の止血用の鉗子のことを指しています。渡海が病院と闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアンに隠された真実を探します。

また闘いの最中、渡海自身の因縁も明らかになっていきます。ブラックペアンの本当の意味、隠された真相はドラマの中で描かれています!

 

二宮和也さん主演の日曜劇場「ブラックペアン」は4月22日夜9時スタートです!

二宮和也さんの他にも、竹内涼真さん、葵わかなさんらフレッシュな顔ぶれや、市川猿之介さん、倍賞美津子さんらベテラン俳優陣、そしてフリーアナウンサーの加藤綾子さんも出演されます!

大きな権力、そして医学の限界に立ち向かっていく渡海の行く末は…?どうぞお見逃しなく!
(引用 :https://www.tbs.co.jp)

関連記事