トドメのパラレル4話ネタバレ 宰子ファン必見!宰子がキスする相手は誰?

トドメのパラレル

4話では旺太郎は宰子にどうしてもキスをして欲しいあまり、大きな賭けに出て、ビルの屋上から飛び降ります。本編では宰子はキスして助けますが、このパラレルでは宰子がキスして助けなかった場合を描いています。

あらすじ

宰子にキスして欲しいあまりに屋上から飛び降りた旺太郎。しかしそんな旺太郎を信用することができず、宰子はキスをせずその場を立ち去りますが、罪悪感に苛まされる日々。

そんなある日老人ホームから連絡があり、愛する祖母が亡くなってしまいました。罰が当たった、と思った宰子は祖母にもう一度会いたいため、試しに鏡の自分にキスをしてみますが、何も起こらず。

次にふいに近くにやってきた犬にキスをしようとするも、飼い主に怒鳴られる始末。そして途方に暮れていたある日、無断欠勤を心配したバイト先・ナイトデリバリーサービスの先輩が訪ねてきてくれます。

キスしたい宰子は思わずキス…と口走り、それを「好き」と聞き間違え告白に取られてしまい大慌て。かたや先輩は大喜び。しかしやっぱり無理だと思った宰子は先輩を力づくで家から追い出してしまいます。

誰か代わりのクズはいないか、と考えた宰子は、ホストクラブに電話し同伴を頼みます。しかしやってきたホストは、父が死に兄弟が7人もいて家族に仕送りをしている、とのこと。全くクズではありませんでした。

その身の上話に宰子は涙を流し、同伴をキャンセルし代金5万円を「親孝行してあげて」とそのまま渡してしまいます。しかし実はその身の上話はホストの作り話。宰子はまんまと騙されてしまったのでした。

その後今度はバイト先のヒロミが訪問。エイトをビルから突き落としたのはアンタでしょ!と血相を変えて宰子に襲いかかります。ベッドの上でもみ合いになっているうちに、ヒロミは頭をタンスにぶつけて死亡。

このままでは殺人罪に問われることになる、と思った宰子は、再びホストクラブに勇気を振り絞って電話をかけますが…というのが4話のお話です。

宰子のお人好しっぷりがかわいい

どどどどど…ど~らえもん♪ではなくて、動揺しながらホストクラブに電話をかける宰子がとてもかわいらしいです。ホストクラブに直電すれば、同伴ができるというシステムなのでしょうか。初めて知りました。

宰子はかなり大目に払ったようですが、本来同伴は連れ出すだけなら1回2千円!程度という情報もあり、意外とお安いのにびっくり。宰子、あまりにも安易に騙されすぎ!そしてお金を払いすぎです!

バイト代もそんなに高くないでしょうに。そしてあの後宰子は無事に誰かとキスできたのでしょうか?

関連記事