オトナ高校 感想まとめ(2話〜最終回・エピソードゼロまで)

ドラマ名別

テレビ朝日系の土曜ナイトドラマ枠でドラマ「オトナ高校」が始まりました。

他局でかなり重い内容を扱っている「さくらの親子丼」を放映しているなか、このドラマでは”ヤレたら卒業!“とかなり下世話な深夜感満載の弾けたドラマを展開していくようです。

では早速、2話〜最終回まで、そしてエピソードゼロまでの感想を書いていきます。

1話についてはこちらをご覧ください♪

オトナ高校 感想 2話

第2話になり、衝撃度にも慣れてきたのか、かなり面白くなってきました。

緊張感のハンパない職場

プライドの高い英人と部長は周囲に「オトナ高校」通学中なのがバレやしないかとヒヤヒヤ。しかもさくら先生も一緒の職場でちょいちょい暗喩的な物言いをぶっこんで来るので気も休まりません。

しかし、いくらテンパっていたとしても、「全力で成功に」を「全裸で性行為に」に言い間違えれるんでしょうか!?

聞いたときはお茶を吹きそうになりました。この力業のネタを高橋克実さんがうまく演じていたのはさすがです。

また“顔面偏差値”なんて残酷な言葉、初めて聞きました。しかも基準は誰が決めるんでしょう?

「見せかけだって立派な優しさ」さくら先生の名言と策略

さくら先生が英人をけしかけて、見事英人に“スペアさんを不倫から助ける”ミッションを押し付けました。さくら先生、本当に頭がいい女性です。「見せかけだって立派な優しさ」の論理はかなり共感しました。

ボランティアなどを“偽善”と揶揄する何もしない人間よりかは、たとえ“偽善”だろうと行動している人の方が断然立派だと思うので。

オトナ高校 感想 3話

3話では、オトナ高校の生徒たちは、恋愛代行サービスというカリキュラムに取り組むことになります。

その、恋愛代行で三浦春馬さんが演じる英人と松井玲奈さんが演じる英人の同級生、遥香とのデートが放送前から注目を集めていたようです。

松井玲奈はやっぱり可愛い

恋愛代行の相手は偶然にも英人の小学校の同級生の玲奈でした。

英人が小学校の時に、カロリー過多のどすこい君と呼ばれていた事や、裸にさせられた事など、みんなに知られたくない過去をサラッと悪びれることなく言っちゃうあたり可愛かったですね。

恋人つなぎがなんか微笑ましい2人でした。玲奈さんが着ていたピンクの服もみどりの服もどちらも似合っていて、可愛かったです。

英人は、なんで、英人の知り合いばかりに会うのか不思議に思った玲奈に、ありのままの自分を告白します。玲奈はびっくりしますが、そんなことは気にしない私が教えてあげると前向きです。

いい感じになった二人なのに、なんだか雲行きが怪しくなっちゃいました。

ヤルデルテはゲイなの疑惑

英人が遥香とイイ感じになった瞬間に、遥香のスマホに「英人は、千人切りの遊び人」というメッセージが入ります。

その後、スペア、ヤルデンテ、ヒミコ、が飲んでいる場所が映し出され、テーブルから誰かののスマホが落下しますが、その画面には「英人は、千人切りの遊び人」のメッセージが書かれていました。

この時点で、遥香のメールを知っているのは、恋愛代行でメールを交換したヤルデンテが怪しいと思われますが、英人の恋愛を邪魔するという事は、ヤルデルテはゲイで英人を狙っているのでしょうか。

アルデンテは、弁当屋さんの店長をしていて、アルデンテパスタ弁当が常に行列になり、お客様受けがいいのに、オトナ高校に入学したのは、ゲイだからなのでしょうか。

それとも、さくらが、何か企んでいて、ヤルデンテのスマホを使って遥香にメールを送ったのでしょうか。犯人が誰なのかとても気になりました。

3話では、スペアも英人が、東大卒とわかりちょっとびっくりしていましたが、英人に対して、興味が少し湧いたようですね。

三浦春馬に脱帽

深夜のドラマという事で、結構際どい言葉を使っています。放送大丈夫なのと思ってしまう時もあります。

三浦春馬さんは、イケメンなのにプライドが捨てられずに、人を上から目線で見てしまうちょっと残念な男を全力で演じでくれています。

きわどいワードもたくさん飛び出しますが、恋愛に不慣れな男を演じてくれています。毎週変顔も楽しませてくれている英人を応援したくなります。

オトナ高校 感想 4話

3話で、荒川英人が、昔デブで、いじめられていたという衝撃の過去が暴露されました。折角久しぶりにあった同級生の遥香とうまく行きそうだったのに、遥香へのアプローチを妨害したのは誰だったのか非常に気になります。

メールの犯人は誰だ

英人は、自分のは恋を邪魔したのは誰かと犯人探しに奔走しますが、またも勘違い男を全面に出して、自分と遥香に嫉妬した女がメールを送ったと思い込み真希を意識しますね。

真希も東大卒と知ってから、英人に対して、前より優しい感じを受けます。

予想は、大体ついていましたが、最後まで犯人探しを楽しむ事ができました。英人の心の声を話す時は、あまりにも正直過ぎで、吹き出して笑ってしまいますね。

今回はピンク色の光の演出があったりして、英人の心の声は、毎回楽しませてくれます。あんなにイケメンの英人が、ダサいことを真面目に話すギャップもいい感じで好きです。

オトナ高校ありえない事だらけ

オトナ高校自体ありえないですが、保健体育の授業で、体位の実演をするなんてホント考えられません。そこまでするのかと思ってしまいました。

綺麗な黒木メイサとイケメンの三浦春馬がダサいジャージを着て、真面目に実演するなんて、いくら考えてもありえません。さすがそこは深夜枠のドラマだけありますね。

また、男女でラブホテルの見学をするとかオトナ高校では、現実にありえない事がたくさんありすぎて、そのふざけたところが面白いと、ハマっている人もいると思います。

露天プロの展開もありましたが、さくらの本心がなかなかつかめません。本当に英人狙いだったりするのでしょうが。

まさかのサショーさん?

55歳のサショーさんは、ちょいちょい面白い演技をしてくれるので、お茶目で可愛いと思います。

頭をなでられたときの顔や自分で頭をなでる仕草、髪の毛がないのにドライヤーをかけるところとかなんとも言えない表情をされます。癒されませんか。

ヤルデンテ君がサショーさんに気があるのかと思いましたが、やはり勘違いだったようですね。

ヤルデンテ君の告白をサショーさんは、真面目に聞いてくれて、ヤルデンテ君がおかしいとは言わないで、きちんと説明して好意には応えられないと断っていましたね。サショーさんいい人ですね。

でもサショーさん最後に「EDなんだぁぁ」と衝撃告白しちゃいました。それをみんなが知ってしまいました。

やはり、ヤルデンテ君は、英人のことが気になっていたようです。

しかし、遥香へメールをおくったのが、ヤンデンテ君とわかり、恋路を邪魔したヤンデンテ君を英人は許す事ができないようです。

ヒミコがチェリート君を嫌っていた理由や英人とスペアをくっつけようとしていたのは、ヤルデンテ君のチェリートへの思いに気づいてしまったからでした。女心可愛いです。

またしてもイケメン登場

かっこいい転校生がにやってきましたが、総理の息子でした。あんなにかっこいいのになんで童貞なんでしょうか。ますます何かが起こりそうです。相変わらず、笑わせてくれて楽しませてくれました。みんなの卒業はどうなるのでしょうか。

オトナ高校 感想 5話

4話は、メールを送った犯人やヤルデンテ君の同性愛やサショーさんのEDなど衝撃の事実が明らかになりました。

5話の予告で、城田優演じる総理大臣の息子がオトナ高校に入学してくるという展開が映し出されました。

ヤルデンテ君が成長

ヤルデンテ君はチェリート君の恋路を妨害するメールを送った事がバレてしまい、英人とは絶縁関係になっています。英人のことをまだ諦めきれません。

そこで、チェリート君と最高の親友なろうと決意して、英人に今までしてきた事を謝って友人関係に戻ることにしました。男と男の友情を見る事ができました。

ヤルデンテ君に恋をしていたヒミコさんは辛い失恋をする事になりますが、引きこもりだったヒミコさんは、ヤルデンテ君にこいをして大きな成長をしました。

総理の息子の暴走

オトナ高校に王子を自称する童貞・岩清水叶(城田優)が入学してきましたが、総理大臣の息子でやりたい放題していますが、ある秘密を抱えていました。

岩清水を誘惑するとボーナスが出ると言う事、サクラさんとなぜがスペアさんまで王子にもーアプローチし始めました。

しかし、さくらちゃんはチェリート君のところに事あるごとに現れますよね。もはやその様はストーカーの領域です。さくらちゃんの本心も気になります。

チェリート君は、スペアさんの事が気になるので、心中穏やかではないのに、常に前向きな勘違い男は、総理の息子位がライバルなのがちょうどいいと妙なやる気を見せていました。

しかし、英人は、意を決して、電話で、スペアさんが好きな事を伝えて、初体験を済ませないかと提案しますが、電話を切られてしまいます。

そして、英人は、スペアさんとサショーさんとホテルに入っていくのを偶然に目撃してしまいました。

なんか意外すぎる2人がホテルに入っていきましたが、2人は卒業してしまうのでしょうか。英人じゃありませんが、非常に気になります。

総理の息子が卒業するも

岩清水は、「童貞は誇りだ」「卒業する必要なんてない」「恋人は思い続けるだけで良い」と童貞思想を抱えていましたが、実は、幼い頃からピアノ一筋で、ピアノのコンクールで出会った初恋相手をずっと忘れられず思っている事がわかりました。

そして、今まで友人と呼べる人は1人もいなく、他人の言葉に耳を傾ける事はしてきませんでしたが、英人やサショーさんのアドバイスに感激します。

閉ざしていた心を開くようになり、男の約束をします。これも男の熱い友情が見れて良かったです。

岩清水は、初恋の相手を見つけ出して、さっさと卒業していきますが、「いわっしー」というアカウントでツイッターをしていて、国家の極秘プロジェクトの「オトナ高校」についてツイートしてしまうようです。

英人と部長さんのばりばりの制服姿が公開されてオトナ高校に通っている事がバレちゃうようですね。

今回は、王子を中心に、オトナ高校の校歌が製作されましたが、その歌詞はまったく意味がない最低の歌詞でしたね。

オトナ高校 感想 6話

5話のラストで、悪気がなちのですがうっかりしている首相の息子通称王子によって、オトナ高校の秘密がSNSで拡散されてしまいました。こともあろうに、チェリート君やサショーさんの個人情報も流出してしまいます。

情報が漏れて、チェリート君とサショーさんは、社会の逆風に耐える覚悟を決めたのに、逆に、童貞という事実が世間に広まったおかげで、モテまくりのチェリート君とサショーさんになってしまいました。

その展開は、予想していなかったので驚きました。エリート故に、世間の女性が反応して、逆に、事実が知られた事で良い方向に動いたのではないでしょうか。

また、「オトナ高校」が閉鎖になると思った時の英人は、あんなにオトナ高校を嫌がっていたのに、寂しさを感じていたのが予想外でした。しかし、実際は閉鎖ではなく何故か情報もダダ漏れでしたね。

ペカサス先生以外でした

ペガサス先生の子供たちが、全員揃いも揃ってキラキラネームでした。

心人→ハート
緑輝→サファイア
愛冠→ティアラ
微笑→モナリザ
皇帝→シーザー

ここまで全員キラキラだど凄いの一言です。

また、ペガサス先生が、未亡人だったのは、びっくりしました。ペガサス先生が亡き妻を想いながら不満のひとつも言わないで、男手ひとつで子育しているとは頑張っているペガサス先生を応援したくなります。

ヤルデンテ君へ失恋したヒミコさんが、次に照準を合わせるのが、ペガサス先生です。

ペガサス先生に言われた通り、何とか前に進もうと考えて、今までコミュニケーションを取った事のなかった母親と会話をしたり、バイトをしようとしたり、前髪を切ってイメチェンしたりととても頑張っていて、最初の頃のヒミコさんと比べるとずいぶん魅力的です。

ヤルデンデ君もペガサス先生に焦点を合わせます。ヒミコさんがペガサス先生へアタックを始めると、ヤルデンテ君もペガサス先生にアタックを開始します。まさかの新三角関係が勃発しそうです。

サショーさんの悩みが

依然としてEDに悩むサショーさんですが、しかし、スペアさんからの攻撃的な扱いに反応していました。スペアさんに水をかけられると興奮して、サショーさんがドMに目覚めたのでしょうか。

スペアさんに思いを寄せ始めるのでしょうか。ドMに目覚めたてドSのスペアさんに興奮しまくりのサショーさんと、スペアさんに思いを寄せるチェリート君もまさかの三角関係へ突入しそうです。

部長とチェリート君がライバルになってしまうとは、恋の行方はこの後どうなるのでしょうか。

さくらちょっと面倒くさい

さくらちゃんが、酔っぱらってチェリート君に電話をかけてき、人を好きになったことがないことをカミングアウトして、「好きじゃなくてもヤれるのぉ~!!」と言います。

さくらちゃんって、ちょっとめんどくさいタイプの女性なのかもしれませんね。チェリート君にはちょっと手に負えないかもしれませんね。

オトナ高校 感想 7話

勢いでスペアに告白した英人。その後ふたりに何か進展はあったのでしょうか。そしてサショーさんとさくら先生を交えた四角関係はどうなっていくのでしょうか。

結婚前提なら同棲もあり?

英人はなんだかんだでスペアへの思いにブレがなくなってきたものの、今度はスペアのほうが二の足を踏んでいるのが、なんともじれったいです。

でも試しに同棲してみる、というのは結婚前提であれば大胆ながらもいい案のような気もします。生活習慣は本当に人よって千差万別なので、一緒に生活していくとなると妥協や歩み寄りが不可欠です。

そこを共に努力できるかどうかは前もって試しておいたほうがいいのかもしれません。

英人の新たな一面が発覚

英人が神経質なのは容易に想像できたのですが、嫉妬心の強い束縛系の人というのは盲点でした。

たしかに初めて好きになったひとと初めて付き合う、ということになるとやはり独り占めしたい欲がよけいに強くなるものなのかもしれません。よく言えば一途、愛情深い、とも言えます。

しかし残念ながら英人はお付き合いする相手、結婚する相手、としてはスペアの言う通り“めんどくさい・重い”人なのでしょう。

恋愛=リア充?

英人が冷静にスペアと同棲するメリットとデメリットを書き出しているのには、なんだか仕事のできる人っぽいなあ、と少し感心してしまいました。

たしかになぜ世間はここまで恋愛や結婚をもてはやすのでしょう。本当のところそんなにいいことなのでしょうか。

別にキャリアに生きるのもいいし、ゲームやアイドルに夢中になってもいいし、他に楽しいと思えるもの、幸せと思えるものがあるのであれば、無理して恋愛をする必要もないのでは、と個人的には思います。

英人もサショーさんもせっかくキャリアが順調で、ニューヨーク出張のチャンスまでありながら、それを犠牲にしてまでも国家プロジェクトのオトナ高校優先、とは本当に気の毒です。

恋愛至上主義な世の中というのは、少子高齢化対策、経済活性化、には大変都合がいいですが、そこに乗っかれないひとにとっては、とても生きづらい世の中のような気がします。

ヤルデンテ君は友達として最高

ヤルデンテ君はヒミコとライバルでありながらも、指の手当てしてあげたり、ととにかくいい人です。思わずヤルデンテ君みたいな友達が欲しい、と思ってしまいました。

思いやりも気遣いもあるし、基本明るいひとなので友人にはもってこいです。ヒミコもいい友人になるといいのにな、と思いました。いや、もうなっているのか!?

オトナ高校 感想 8話(最終回)

英人は卒業できるのでしょうか。複雑に入り組んだ恋愛模様はどのような結末を迎えるのでしょうか。

「刑事ゆがみ」とのコラボ、キター!

学校でのお見合いパーテイーの参加メールの宛名に、なんと「刑事ゆがみ」の弓神適当と羽生虎夫の名前があるではありませんか!!テレビ局の垣根を超え、かなり粋な演出です。

スペア、斜め上に成長?

なんだか後半にきて、スペアさんが本当に恋愛経験ゼロなのかいぶかしくなってきました。英人とサショーのどちらにも自分の都合でふらふらし期待させ、ちょっとした魔性の女のようです。

サショーさんに台風の中、胸にもたれかかるとか、ああいう技はどこで習得したのでしょう。もう上級者です。昔のかたくなで不器用だったスペアさんのほうが良かったな、と思いました。

余談ですが、スペアに豪雨のなか殴られたサショーの体を張った演技は圧巻でした。高橋克実さん、本当にすごいです。

一番成長したのはヒミコ

やはり一番成長したのはヒミコでしょう。ゲーム中毒で引きこもりだった彼女は見事に社会復帰し、学校に通い、恋をし、好きな人の家族の世話までし、まるで肝っ玉母さんのような風格さえ現れてきました。

またヤルデンテともなんだかんだでいい友人関係が築けているし、最後にはバイトまで決め、本当に素晴らしいです。ヒミコさんの最後のペガサス先生への告白は、ちょっと映画「先生!」のようにも見えてしまいました。

サショー&スペアは割れ鍋に綴じ蓋

サショーは人格的にはそれほど問題はないものの、性癖がやや特殊。一方でスペアは外観は美しいものの、中身がややこじらせて複雑。この二人はまさに割れ鍋に綴じ蓋のような気がしました。

スペアがすぐに短気を起こしても、それでサショーは燃え上がるのならば、こんなにいいコンビはありません。

サショーは性格も穏やかで寛容ですし、勤め先も立派だし、スペアさんにとって実はまたとない相手だったのではないでしょうか。このカップルはものすごく納得がいきました。

英人の敗因は…

英人も入学当初よりかは、ややいい人になったような気がするのですが、やはり最大の欠点はプライドの高さゆえの勇気のなさ、でしょう。英人はココというところをすべて外してしまっているように見えました。

スペアもさくらも英人に傾きかけていたのですが、そのチャンスを英人は生かすことができませんでした。頭でっかちにならず、行動に移し、英人には来学期にはぜひ卒業してほしいものです。まあ、ずっとオトナ高校にいるのもアリですが。

まとめ

以上、最終回の感想を述べてきましたが、奇想天外なドラマだったものの、最後は収まるところに収まった感があり、きれいに着地したなあ、という印象を持ちました。

英人だけ居残りというオチも良かったです。楽しいドラマをありがとうございました。

オトナ高校 感想 番外編・エピソードゼロ

本編のオトナ高校では、政府は深刻な少子化に歯止めをかけるために、性経験のない30歳以上の男女を公的教育機関「オトナ高校」に強制的に入学させる「第二義務教育法案」を打ちだします。

その奇想天外な発想の「第ニ義務教育法案」がいかにして誕生し、制定されたのかを描いているのが「エピソードゼロ」です。法案が成立するまでに、悩みながら奮闘する若き官僚の姿を描いています。

少子化という国の問題を本気で考えているオリジナルストーリーで、社会派作品もビックリな内容になっています。そして、本編同様コミカルな部分もふんだんに織り込まれています。

主演はいま注目の白洲迅

エピソードゼロの主演は、いま注目の白洲迅さんです。若くてやる気に満ちたエリート官僚宇野颯太を演じています。

「第ニ義務教育法案」成立へ向けて奮闘していきますが、実は彼も隠れ童貞の25歳で、自分も30歳まで童貞ならオトナ高校に入学しなければならなくなるという焦りと戦っています。

エピソードゼロはコメディ色が強いようで、白洲迅さんは今までに見せたことのない顔芸を披露してくれているようです。

普段の演技ではなかなか見る事ができない顔芸を披露してくれている白洲迅さんの熱演を応援したくなります。

内容的には童貞を卒業したら卒業なんてぶっ飛び過ぎていると思われがちですが、実は少子化問題といった今の日本の問題をリアルに捉えていて、なおかつタイムリーな話題を扱っている作品になっていると思います。

ただ笑える作品に収まらず、童貞くんだけではなく、何かに悩んでいる人がもう一歩踏み出す勇気をもらえるドラマなのではないでしょうか。

個性溢れるキャスト陣に注目

ヒロイン役は政界進出も目論む野心家の美和を片山萌美さんが演じます。「第二義務教育法案」を思いついた張本人で、宇野に対してセクシーアピールをしてきて、宇野を振り回す美和の本心とはなんなのでしょうか。

金田明夫さんは総理の密命で動く「少子化対策議会」副議長、鳴海吾郎役を演じます。
大和田獏さんは「少子化対策議会」議長、鬼龍院龍平役を熱演します。

ブラザートムさんはオトナ高校の第一期生や教師を選出するための追跡調査する機密調査官、黒蕨を演じてます。

共演者はひと癖もふた癖もあると言われる人達です。法案成立までの過程をコミカルに描いているエピソード0に注目です。

関連記事