モンテクリスト伯 闇金「F&Dファイナンス」も真海の会社!?

ドラマ名別

「モンテ・クリスト伯」6話もかなりエグい描写の連続で、息もつかせぬ展開でした。

今回から南条への復讐が始まるかと思いきや、ほとんどが神楽家ターンで肩透かし。しかし神楽の妻・留美と息子・安藤のやり取りは鳥肌ものでした。

そんななか、安堂が借金をしている気になる闇金業者“F&Dファイナンス”が登場。その闇金業者“F&Dファイナンス”について深堀りしていこうと思います。

モンテクリスト伯 闇金「F&Dファイナンス」は真海の会社!?

闇金「F&Dファイナンス」ですが、間違いなく真海の息がかかっているものと思われます。その伏線と思われるものが、3話で江田愛梨と南条明日花を海で助けた後、南条家へ行ったときにありました。

闇金「F&Dファイナンス」の名前の由来は!?

「F&Dファイナンス」という名前。この「F&D」もしかしたらディーン・フジオカさんのイニシャル、もしくは「ファリア」と「暖」のイニシャルから取ったものなのでは?という声がネット上で上がっています。

このドラマは基本シリアス調ですが、かなり細かなところで遊び心満載なので、F&Dファイナンスの名前の由来はのこの情報はかなり信ぴょう性が高いように思います。

そして本当にこのファイナンス自体も真海が運営しているものと考えていいでしょう。豊富な資産がありますから、こうした闇金の1つや2つ作ることは、真海にとって容易でしょう。

モンテクリスト伯 闇金「F&Dファイナンス」は臓器売買も!?

しかしこの闇金、本当にガラが悪い。安堂もなぜよりにもよってこんなところから金を借りてしまったのでしょうか。

取り立ての脅し方がエグすぎます。今回は借金の返済が滞っている安堂に対し、まずTシャツをはさみで切り、上半身裸にさせた後、肝臓200万、心臓200万、腎臓150万、とマジックで体に臓器を書きつつその値段を披露。

そしてダメ押しの「借りた者は返さないとだめですよ。お母さんに教わってないんですか」のセリフ。

乳児の時に母親に捨てられた安堂への、なんという皮肉でしょうか。安堂の722万の借金を臓器を売って回収する、というこの人たち。

本当にやりそうで怖いです。

モンテクリスト伯 闇金「F&Dファイナンス」のボスは誰?

そして闇金グループのボス?っぽい、独特な雰囲気の男性を演じているのは俳優の柳俊太郎さん、27歳。

柳俊太郎の過去出演作品

「ラブラブエイリアン2」では中身の薄いチャラ男で、「デイジーラック」では、バリキャリのアラサー女性にたかっていたヒモ男。そして今回は血も涙もなさそうな闇金取り立て男。

なんだかクズ男の役ばかりが続いていますが、一度見ると忘れられないような、クセのある存在感があります。神楽役の新井浩文さんと同じ事務所の後輩、ということですが、これからさまざまな作品での活躍が期待されます。

モンテクリスト伯 闇金「F&Dファイナンス」まとめ

以上「モンテクリスト伯」に登場する謎の多い闇金業者、F&Dファイナンスについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

もうこの闇金業者の出番はないのかもしれませんが、インパクトのある恐ろしい集団で、確かな爪痕を「モンテ・クリスト伯」に残しました。

おすすめ動画視聴方法!

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―

モンテ・クリスト伯

FODプレミアムで視聴可能です♩
登録も簡単3ステップ

解約方法も簡単♪

↓今すぐ視聴はこちら↓
動画視聴はこちら

>>登録方法の詳細はこちら<<

関連記事