モンテ・クリスト伯 名前を捨てた主人公!「柴門暖」から「モンテ・クリスト・真海」へ

ドラマ名別

名作である「モンテ・クリスト伯」を、日本を舞台に現代風にアレンジしたドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」は、大人気俳優のディーン・フジオカさん主演で放送中です。

1話で主人公の柴門暖(ディーン・フジオカ)は異国に送られ拷問を受け、牢獄に入れられてしまいます。そして2話で暖は脱獄し名前変えて復讐を始めようとしています!

モンテクリスト伯 主人公の名前が柴門暖からモンテ・クリスト・真海に!

名前を変えることになった経緯

異国の牢獄に入れられた暖は酷い拷問を受け続け、虫の息となっていました。

ある日暖の独房の床下から謎の老人(鈴木泯)が現れ、老人は日本語も話せたため暖にこの事は絶対に看守に言うなと言いまた床下へと戻っていきました。

暖は力を振り絞り老人を追い掛け、老人が20年監禁されていることや脱獄しようとしていることを知ります。生気の抜けていた暖はこの老人と出会ったことにより生気を取り戻していきます。

暖が強引に老人と共に脱獄をすると言い手伝い始めますが、段々二人の仲は深まっていき親子のような関係になっていきます。老人は実はラデルの国の元大統領、ファリア真海でした。

自らの死期が近いと悟った真海は暖に自分の財産を託しました。

真海が亡くなり暖は1人で脱獄をし、復讐を心に決めた暖はシンガポールへと向かい真海の財産を相続する際に、自らの名前を「モンテ・クリスト・真海」としたのでした。

名前を変えてまで復讐をすると決めたきっかけは

まず暖は牢獄にいる最中に、真海の助言により警察官の入間公平(高橋克典)が入間の父親である入間貞吉(伊武雅刀)の身代わりに暖を売ったのだと気付きます。

脱獄した暖は、日本へと帰りますがそこで暖は信頼していた神楽清(新井浩文)、親友の南条幸男(大倉忠義)に裏切られていたことを知ります。

さらに幸男は暖の婚約者であった目黒すみれ(山本美月)と結婚していたのです!絶望した暖はモンテ・クリスト・真海となり復讐のために再び日本へと帰って来ました。

名前を「モンテ・クリスト・真海」とした暖は…!

2話の最後、モンテ・クリスト・真海となった暖は守尾漁業の元社長の守尾英一郎(木下ほうか)の葬儀に参列していた南条、神楽と接触しますが目の前にいるのが暖だとは気付いていませんでした。

すみれだけは遠目に見た真海の姿に何かを感じているようですが…。3話からはいよいよ暖の復讐劇が始まるようです!

 

柴門暖からモンテ・クリスト・真海へと名前を変え、ついに華麗なる復讐が幕を開けます!ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」は毎週木曜夜10時放送です。

どうぞお見逃しなく!
(引用:https://www.fujitv.co.jp)

関連記事