モンテ・クリスト伯 注目の岸井ゆきのが登場!あのドラマで一躍有名に!

ドラマ名別

モンテ・クリスト伯 注目の岸井ゆきのが登場!

世界的な名作モンテ・クリスト伯が現代の日本に蘇ったドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」はディーン・フジオカさん主演で放送中のドラマです。

1、2話で主人公の柴門暖(ディーン・フジオカ)が復讐に至るまでの経緯が放送され、3話からはいよいよ暖がモンテ・クリスト・真海として復讐をスタートさせ、さらに今注目の女優である岸井ゆきのさんが登場します!

岸井ゆきのプロフィール

1992年2月11日生まれの現在26歳の岸井ゆきのさんは2009年のデビュー以来様々なドラマや映画、舞台に活躍をしています。

身長148.5㎝と小柄ながら抜群の存在感と演技力で話題の岸井ゆきのさんは、「99.9-刑事専門弁護士-」の加奈子役で一躍その名を世間に広めました。

加奈子役はパワフルで強烈なキャラクターが話題でしたが、岸井ゆきのさんは趣味がお菓子作りという女性らしい性格のようです。今後名バイプレーヤーとなりそうな岸井ゆきのさんにご注目ください!

モンテ・クリスト伯 岸井ゆきのは入間未蘭役

岸井ゆきのさん演じる入間未蘭は、警察庁公安部外事第三課参事官の入間公平(高橋克典)の娘です。

未蘭の母は未蘭が中学生の時に亡くなっていますが、亡き母が死の間際に残した「お父さんは本当は弱い人だから、あなたが支えてあげて」という言葉に囚われています。

未蘭は公平の言うことを良く聞く従順な娘であろうと努力し、継母である瑛理奈(山口紗弥加)や義弟にも気を使いながら生活をしていましたが守尾漁業の守尾信一朗(高杉真宙)と出会い、未蘭は信一朗と運命の恋に落ちますが…?!

岸井ゆきの演じる入間未蘭の注目ポイントは運命の恋

公平は厳格な父親ですが、未蘭の結婚相手を自分で選ぶような子離れできない父親でもあります。

信一朗と出会う前の未蘭でしたら公平の言う通りに結婚していたのかもしれませんが、運命の相手に出会ってしまった未蘭がどんな変化を見せるのかが見ものです!

また、瑛理奈は悪女役ということですので家族関係がどうなるのか、暖の復讐を受ける公平を誰が支えるのかなど入間家全体に大きな変化が起きそうです!
(引用:https://www.fujitv.co.jp)
(引用:https://ja.m.wikipedia.org)

関連記事