モンテ・クリスト伯 あらすじ・原作・見どころ

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-

こちらの記事も読まれています♪

2018月4月スタートの木曜ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」ですが人気俳優のディーン・フジオカさんの単独初主演ドラマとしても話題のドラマです。気になるドラマのあらすじ・原作情報・見どころをまとめました!

「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」あらすじ

小さな漁師町に主人公の柴門暖(ディーン・フジオカ)と暖が愛する女性、目黒すみれ(山本美月)は暮らしており、二人は結婚が決まり幸せの絶頂でした。

しかしすみれのことを狙う南条幸男(大倉忠義)、暖の出世を妬む同僚の神楽清(新井浩文)、ある事情を抱えた警察官の入間公平(高橋克典)によって暖は異国の監獄に送られてしまいます。

無実の罪で異国の地で婚約者と自分の明るい未来を奪われ、15年間という長い時間投獄された暖でしたが思わぬ幸運で獄中生活を逃れ、巨万の富を手に入れた別人となって舞い戻ってきます。

15年という長い歳月を獄中で過ごした暖の3人への復讐劇でもあり、すみれへの愛情を貫き通す純愛を描いたラブストーリーでもあるドラマです!

「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」原作

小説「モンテ・クリスト伯」はフランス人のアレクサンドル・デュマ・ペールの作品で日本では「巌窟王(がんくつおう)」の名称でも知られています。

明治時代に翻訳され出版されましたが、ストーリーはそのままで登場人物の名前や船の名前を日本人に馴染みやすいように変更してあります。

名作である小説「モンテ・クリスト伯」をベースに現代風にアレンジしたのが今回のドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」です。

「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」見どころ

ディーン・フジオカさん演じる柴門暖の幸せの絶頂から地獄へ落ちる様、そして復讐心を内に秘め復讐の鬼と化す様など、ディーン・フジオカさんのかつてない一面が見られそうです!

さらに、すみれへの一途な愛情を貫く姿などディーン・フジオカさんの様々な表情にご注目ください!

個性派俳優人達が復讐の矛先になる

人気アイドルグループ関ジャニ∞としても活躍する大倉忠義さん、高い演技力に定評のある個性派俳優な新井浩文さん、そしてベテラン俳優の高橋克典さんらが暖の復讐の矛先となります!

それぞれの登場人物に物語性がありますので、彼等のキャラクター、そして演技にご注目ください!

「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」あらすじ・原作・見どころまとめ

ただの復讐劇ではなく、そこに暖のすみれへの真っ直ぐな愛情が描かれた作品ですので男女問わず、幅広い世代に愛される作品です!

さらに、物語に網目のように張り巡らされた数々の伏線に絡み付く多彩な登場人物がストーリーを複雑かつ巧妙に展開していきます!まだ発表されていない登場人物にもご注目ください!

 

名作小説のドラマ化である新ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」は4月19日(木)夜10時スタートです。どうぞお見逃しなく!(引用:https://www.fujitv.co.jp)
(引用:https://ja.m.wikipedia.org)

関連記事