モンテ・クリスト伯 安堂完治の衝撃事実!死んだはずの子供は生きていた!

ドラマ名別

世界的にも有名な名作「モンテ・クリスト伯」のリメイク版としてドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」が放送中です。

主人公である柴門暖(ディーン・フジオカ)はモンテ・クリスト・真海となり復讐を始めましたが、恐ろしい計画や手口が話題となっています。

2話からは稲森いずみさんら豪華キャストが増え、さらに4話から登場する安堂完治(葉山奨之)もまた様々な話題となりそうです!

モンテ・クリスト伯 安堂完治の生い立ちに衝撃事実が!

4話から登場の安堂完治(葉山奨之)が波乱の展開を巻き起こしそうです。

全ては真海(ディーン・フジオカ)の手中にありそうですが、今回はその台風の目となりそうな安堂完治(葉山奨之)について徹底解剖していきたいと思います。

安堂完治(葉山奨之)の人物像

真海が不動産会社経営の神楽清(新井浩文)に復讐するために用意した人物です。

清ではなく、妻の留美(稲森いずみ)にファッションブランドを立ち上げたばかりの若き実業家として紹介しました。留美に自らの生い立ちを話したりと留美に近付く安堂完治は実は借金を背負っており留美のことを金づるとしか思っていません。

しかし、留美は次第に安堂完治に惹かれていきます。何が本当で何が嘘なのか、安堂完治にはまだ謎が多いのですが安堂完治が施設で育っていたことは本当です。

借金のために真海、留美を利用しているように見える安堂完治の本当の姿は自堕落な性格のように思えます。

安堂完治(葉山奨之)は真海の復讐のコマだった

安堂完治(葉山奨之)は真海を利用して留美から金を巻き上げるつもりでいるようですが、実は安堂完治を利用しているのは真海の方でした!

安堂完治(葉山奨之)の衝撃事実

真海が清への復讐のために留美と安堂完治を近付かせたのは、二人が紛れもない親子だからなのでした…!

留美は清と結婚する前に入間公平(高橋克典)と不倫をしていて、その時妊娠してしまい子供を産みました。

しかし公平は赤ちゃんを真海が購入した別荘のマリア像の前に埋めて遺棄したのですが、実はその時の赤ちゃんが生きていたのです!

その赤ちゃんこそが安堂完治で、真海は自らの復讐のために安堂完治を留美に近付かせたのでした。真海の復讐のへの執念深さを感じ恐ろしくなりますが、これはまだまだ序章のようです!

安堂完治と神楽留美の関係はどうなる?

4話の最後、留美が仮想通貨で借金を負い清の金で返済すると清は激怒し、留美が入間と不倫していたこと、夜な夜な若い男を買っていたことも知っていたが自分の金に手を出すことは許さない!と言い留美は家を飛び出しました。

その後留美は安堂完治と会い、2人は結ばれてしまうのですが2人が親子であることはまだ真海と江田愛梨(桜井ユキ)しか知りません。

モンテ・クリスト伯 安堂完治の衝撃事実まとめ

清への復讐のために真海に利用された親子ですが、親子だと分かった時に何が起こってしまうのでしょうか?!

今後の展開が気になりますね!

真海の執念深さ、恐ろしさを見せつけられた4話となりましたがこれはまだまだ序章です!

真海の復讐や人間模様が見もののドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」は毎週木曜夜10時放送です。どうぞお楽しみに!

(引用:https://www.fujitv.co.jp)

関連記事