新ドラマ「もみ消して冬」のあらすじ!ヒットドラマの要素総取り!

もみ消して冬〜我が家の問題なかったことに〜

2017年秋ドラマも終盤に差し掛かり、続々と新ドラマの予告が流れ始めています。2018年冬ドラマは名作ぞろいとなりそうな予感なのですが、今回紹介するのは「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」です。

映画などで大活躍の山田涼介さんを主演に起用し、波留さんなど人気女優も出演されるこのドラマ。一風変わったドラマのようなのです。どんなドラマなのでしょうか、あらすじとみどころを徹底紹介していきます!

新ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」あらすじ

これは三兄弟の物語です。そして人気が出るドラマの要素をすべて詰め込んでいます。

というのも、主人公の次男は夢は警視総監という優秀な警視庁の刑事であり、姉は毒舌でありながら徹底的に勝利にこだわる弁護士、そして長男は絶対に失敗しない天才心臓外科医で…と人気ドラマの三拍子、刑事・弁護士・医師という全てが揃ったエリート兄弟のお話なのです。

一番大切にするのは家族の平和であり家族の幸せ。それを守るため最強の家族会議を開きさまざまな事件を完全解決していきます。

新ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」みどころ

登場人物が面白い

あらすじにも書いた通り、このドラマは人気ドラマのすべてを詰め込んでいます。人気が出るなら詰め込んじゃえというその発想もすごいですが、それを公にしているのも面白いですよね。

次男である北沢秀作目線で話が進んでいくのですが、秀作は東大卒、警視庁勤務の超エリート。夢は警視総監という飛び抜けた発想もまた面白みがあります。演じるのは山田涼介さんです。

最近は俳優業で高い評価を集めていますね。そして姉の北沢知晶を演じるのは波留さん。ジャニーズグループの方との共演が多い女優さんです。

知晶はとにかく毒舌ですが、敏腕弁護士として家族会議での助言役をするようですね。そして長男の北沢博文は小澤征悦さんが演じられます。

「絶対に失敗しない」「心臓外科医」の博文ですが、この設定だけで何本かドラマができそうですね。

脚本家はドタバタが得意の金子茂樹さん

「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の脚本を担当されるのは金子茂樹さんです。

どんな作品を手がけられたかというと山下智久さん長澤まさみさんのタッグで大人気ドラマとなった「プロポーズ大作戦」や綾瀬はるかさん福士蒼汰さんの二人で実写化された「今日は会社休みます。」などコメディタッチの人気ドラマを多数書かれています。

最近では修二と彰再結成と注目を浴びた「ボク、運命の人です」の脚本も担当されています。「もみ消して冬」もドコメディーということなので、きっと金子茂樹さんの手にかかって面白いドラマになること間違いなしですね。

 

注目の「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」は2018年1月13日土曜日の22時スタートです!

関連記事