未解決の女 面白くないのになぜ高視聴率!?

ドラマ名別

高視聴率をキープし続けている女刑事バディものドラマ「未解決の女」。

しかし正直個人的には前期ドラマ「BG」同様、なぜこのドラマが高視聴率なのか、よくわかりません。「BG」同様、魅力的なキャストをあれだけ揃えておきながら、今のところまだうまく機能していないような印象を受けます。

未解決の女 面白くない理由

鈴木京香と波留以外のメンバーがモブ化

先ほども述べたように、やはり主演ふたり以外の魅力的なキャストが、ほとんどその個性を生かしきれず、ほぼモブ化しているのが本当に勿体ない!特に工藤阿須加さん。

いつもヒントを与えるだけの都合の良い男に成り下がってしまっています。もっといい使い方はないのでしょうか。

また光石研さん、遠藤憲一さん、高田純次さん、沢村一樹さん、と錚々たるメンバーも正直置物のようになってしまっています。

沢村さんは若干いいアクセントになっていますが、他の名バイプレイヤーさんたちが本当に気の毒。この状態、これから話数が進むにつれて、すこしでも改善されていくといいのですが。

鈴木京香が意外と普通の人だった

それから鈴木京香さん演じる鳴海のキャラ。文字フェチでコミュ障。文書倉庫の魔女と表現されていましたが、実際はそこまで社会不適合な感じはなく、普通にちゃんとした刑事だったのには拍子抜けでした。

もっと強烈なキャラだと勝手に期待していたので、とても残念です。それこそ以前鈴木京香さんが演じた「アルゼンチンババア」のほうが断然すごかった!

なので、鈴木京香さんにもっと弾けた演技をさせてあげて欲しい、と個人的には思います。それこそ、「ブラックペアン」の渡海くらいの凄みがあってもいいのではないでしょうか。

若干「シグナル」と被る内容

あとは未解決事件を再捜査する、という点では「シグナル」と似ていますね。ただ「シグナル」の方が緊迫感や殺伐感みたいなものがかなりあるため、見ごたえがあります。

それに比べてこのドラマは少しマイルド。厳しい見方をすればぬるい。でもそれで見やすくなっているという面もありますが、内容が似ているぶん、比べると何か物足りない印象を持ってしまいます。

面白くない中、唯一の救い

かなり独断と偏見で酷評をしてしまいましたが、このドラマの良い所は劇伴。もうあの壮大な美しいメロディが流れると、なんだか事件のオチが多少ショボくてもかき消されるくらいの威力があります。

手掛けているのは村松崇継さん。ピアニストとしても活動されているようで、数多くの作品の劇伴を手掛けている名手のようです。

未解決の女 面白くない理由 まとめ

以上「未解決の女」の個人的な感想を述べてきましたが、いいキャストを揃えているので、これからいくらでもおもしろくなる可能性を秘めている作品だとも思います。これからの展開に期待しましょう。

関連記事