知英さんのこれまでのドラマ出演を振り返ってみた

知英さんのプロフィールをチェック

2008年に韓国でアイドルグループKARAとしてデビューし、2010年には日本に進出しました。振り付けの腰振りダンスが印象的なミスター等、ヒット曲を数々をリリースしました。

契約満了でKARAを脱退し、日本の芸能事務所Sweet Powerに所属し知英という名義で、歌手活動のときはJYという名前で活動しています。

知英さんのドラマ出演歴

2014年10月~12月に日本テレビ系列で放送された『地獄先生ぬ~べ~』で雪女のゆきめ役

ぬ~べ~のことが大好きで、ぬ~べ~を追い掛け回すストーカーっぽい雪女のゆきめちゃんを演じていました。カタコトな感じがしていましたが、雪女だしこういうのもアリなのかなという感じでした。

カタコトなところがまたキュートで可愛いゆきめちゃんになっていました。原作と同じように超ミニの衣装で、スラっとした足がとっても印象的でした。かなりセクシーだったように思います。

同じく2014年10月24日には、日本テレビ系列で放送されたスペシャルドラマ『ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル~』長見薫子役

『ヒガンバナ~』では『地獄先生ぬ~べ~』でのキュートなゆきめちゃんとは反対にクールな天才肌の監察医役です。この『ヒガンバナ~』は後の2016年1月~3月の連続ドラマ化されて同じ役で出演されていました。

2015年7月~9月にテレビ朝日系列で放送されていた池井戸潤さん原作の『民王』では、菅田将暉さん演じる武藤翔の同級生役・村野エリカ役

その後の2016年4月15日にスペシャルドラマ『民王スペシャル~新たなる陰謀~』でも同じ役で出演されていました。

2016年9月19日にフジテレビ系列で放送された『好きな人がいること』の最終回で、少しだけ出演していました。この『好きな人がいること』は月9でした。

桐谷美玲さん・山崎賢人さん・三浦翔平さん・野村周平さんが出演していた作品で、知英さんが演じたのはパティシエの吉岡純という役名でした。

JYというイニシャルに、知英さんも吉岡純という役名を気に入っていたようです。

柴咲兄弟(山崎賢人さん・三浦翔平さん・野村周平さん)が経営しているレストランに新しいパティシエの吉岡純と現パティシエである主人公の桜井美咲(桐谷美玲さん)と対峙するというシーンです。

この『好きな人がいること』では、知英さんはJY名義で主題歌も同じ『好きな人がいること』を歌っていました。

主題歌を制作する過程での何気ない会話で知英さんの出演が決まったとプロデューサーの藤野良太さんは語っています。(引用:http://blog.fujitv.co.jp/sukinahitogairukoto/index.html)

2016年10月22日にフジテレビ系列で放送されたスペシャルドラマ『特命指揮官 郷間綾香』ではドラマの重要なカギを握る王国の末裔役として出演されていました。(引用:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/161015-i283.html)

2016年11月24日にはテレビ朝日系列で放送されていた『ドクターX~外科医・大門未知子~』7話にゲストとして出演しています。

武田真治さん演じる耳が聞こえないピアニスト七尾貴志のアシスタントの七瀬由香という役柄で、大門未知子(米倉涼子さん)に七尾の耳を治して欲しいという依頼をする重要な役どころでした。

2017年1月17日に関西テレビで放送された『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語-Part2-鶴橋駅編』では大阪・鶴橋の焼肉屋でバイトしているジヒョン役で主演していました。この作品では関西弁に挑戦しているようです。

そして、2017年12月からテレビ朝日系列で放送されているのが『オーファン・ブラック』です。たくさんのドラマに出演されている知英さん。だんだん魅力が増しているように思います。これからの知英さんの活躍に期待しています!

関連記事