ホリデイラブ7話 里奈の凶行に唖然!不倫に子どもを巻き込むな

ホリデイラブ

杏寿の手紙の内容に感化されたのか、急に不倫を否定し始めた里奈。一体彼女の狙いは何なのでしょうか?本当に純平を諦め、子どもたちを奪還しようとしているのでしょうか?注目の第7話です。

周囲に恵まれている杏寿

かなりひどい目にあっている杏寿ですが、なんだかんだで春ちゃんやお姉さんのサポートもあり、ネイリストとして手に職もあり、里奈に比べたらとてもいろんな資本に恵まれている人なのだなあ、と思います。

里奈はやっていることも酷いですが、実家にも頼れず、友人もおらず、全くの孤独のよう。そう考えるとやっていることはともかくとして、少し里奈が不憫になってしまいました。

渡に7年前の結婚当時のメッセージが

う、うわー!ハズイ!!渡が真顔で里奈との近況を回想しながら、そのメッセージを見ていますが、こんな恥ずかしいことありません。今の結婚式場ってこんなサービスを本当にしているのでしょうか!?

頭がお花畑のときに書いた、将来の自分へのメッセージ。一瞬里奈からの懺悔の手紙かな、と思ったのですが、予想外にパンチのある書類でびっくりしました。

結局志賀にも好かれていた安寿

そして春ちゃんのみならず、志賀も本気で安寿のことを思っている様子。本当に杏寿はモテますね。

志賀の言葉をどこまで信じられるかはわかりませんが、もしあの言葉が本心なら、彼に頼めば、何かしらのフォローをしてもらえそうな勢いでした。

杏寿には純平しかいないのだろうけれど、杏寿は客観的にみたら純平がいなくても、いろんな人の助けでなんとかやっていけそうに見えます。

気の毒な春ちゃん

卒園式に七香ちゃんのためにパパ代わりと務めてあげようと、正装で現れた春ちゃん。ところがそこには連絡の途絶えていた純平の姿が。なんだか春ちゃんが気の毒で仕方ありませんでした。いい人すぎて辛いです。

ただ純平も妻にあんなイケメンで優しい素敵な男性が男友達としていることに、ジェラシーを感じたりはしないのでしょうか。

里奈の許されない暴走

ネットカフェで寝泊まりしているとは思えないビジュアルの里奈。改心したかに見えたのも束の間、「やっぱ無理」だったようで、なんと七香ちゃんを誘拐する、という凶行に!それ、一番してはいけないことです。

同じ子を持つ母親なのに、なぜそんなことができるのでしょう。今まででもさんざん罪のない七香ちゃんに、辛い思いをさせてきたというのに。

母親でありながら他人の子には残酷な女性…リアルにもいるかもしれませんが、誘拐はあり得ません。里奈は人として大きな一線を越えてしまったといってもいいでしょう。

以上7話の感想を述べてきましたが、いよいよ次回は最終回。本来なら卒園式を家族3人で迎えたところでハッピーエンドなら良かったのですが…。これ以上七香ちゃんに危害が加えられないことを祈るのみです。

関連記事