花のち晴れ メグリン本格参戦!大波乱の展開が巻き起こる!

ドラマ名別

あの大人気シリーズ花より男子の続編である、ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」が好評放送中です。

4話までが放送され、4話の最後についにメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえ)が登場しました。

メグリンが登場し、どんな展開が繰り広げられるのでしょうか?

メグリンこと、西留めぐみの原作キャラクター

原作のメグリンは、大人気モデルですがソーシャルゲームのキャラクターが神楽木晴(平野紫耀)に似ていたことから晴に興味を持ちます。

ゲームのキャラクターに似ている晴をメグリンはすぐに好きになりますが、次第に晴自身に惹かれていくようになります。

原作のキャラクターではホテル経営者の娘でお嬢様、料理ベタという設定です。

原作とドラマ、メグリンの相違点

まず、登場シーンが異なります。

原作では突然晴とお風呂場で出会うところからメグリンが登場しますが、ドラマでは1話から人気モデルのメグリンとして至るところにポスターが貼ってあったり、たまたま主人公の江戸川音(杉咲花)がアルバイトをしているコンビニの近くで撮影があるというシーンなどがありました。

また、原作ではメグリンと晴の出会いはお風呂場ということでしたが、ドラマでは成宮一茶(鈴木仁)の華道のパーティーで出会います。

この違いが本編にも影響を与えるのかも気になりますね!

メグリン登場で大波乱!?

メグリンは平海斗(濱田龍臣)の薦めで英徳学園に転校し、晴のことを好きになり猛アタックをするはずですので晴だけでなくC5のメンバーにも大きな影響を与えます。

さらにメグリンの登場により、これまで晴への気持ちに気付いていなかった音にも変化が生まれ、晴、音、そして音の婚約者で英徳学園のライバル校の生徒会長である馳天馬(中川大志)の関係にも動きがありそうです!

誰にでも好かれる美少女の出現がドラマを盛り上げます!

メグリンの登場で、一気に恋が動き出しそうなドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」は毎週火曜夜10時放送です。

5話からは音が自分の気持ちの変化から天馬や母親との関係も変わってしまいそうです。どうぞ、お楽しみに!
(引用:https://www.tbs.co.jp)

関連記事