花のち晴れ 平野紫耀と中川大志を比べてみた!あなたはどっちがイイ?

ドラマ名別

「花のち晴れ」2話では神楽木が音への恋を認めたところで終わりましたが、1話で気になった平野さんの声にも慣れ、なんだかこの“俺様ヘタレ男子”が愛おしくなってきました。

そこで恋のライバル馳天馬と比較しつつ、神楽木晴の魅力を語っていきたいと思います。

平野紫耀演じる神楽木晴のヘタレ伝説

では、まず神楽木晴のヘタレっぷりをあげていくと、

ヘタレ伝説1

金持ち自慢が行き過ぎて紺野さんをディスり、音の逆鱗に触れ、ローストビーフの肉の塊で顔面を殴打される(このシーン、個人的最高でした!)

ヘタレ伝説2

チンピラとの格闘で渾身の猫パンチ炸裂

ヘタレ伝説3

バイトを“放課後労働”と呼ぶ(地味に面白い。頭の中をのぞいてみたい)

ヘタレ伝説4

パンケーキ屋にタキシード→のちに西部劇がラッキーアイテムなのでカウボーイ姿に

ヘタレ伝説5

道明寺家のメイド頭タマを“婆さん”呼ばわりし、謝罪の土下座

ヘタレ伝説6

道明寺邸で音の婚約者が馳天馬と分かり、ショックで失神。秘書・西田に搬送される

ヘタレ伝説7

馳天馬に完膚なきまで打ちのめされ、ファミマ前で憔悴し体育座り

ヘタレ伝説8

紺野さんちに土足で上がり込み、“ブタ小屋”呼ばわり

ヘタレ伝説9

正座で足が痺れ、ご飯のお代わり時に“産まれたての小鹿”状態に(ここでなぜか宇多田ヒカルの「初恋」が流れ始める!)

ヘタレ伝説10

音に「神楽木なりの良さがあるはず」と励まされ、思わず涙ぐむ(こっちまで泣きそう)

中川大志演じる馳天馬の王子伝説

次に、馳天馬の完璧な王子っぷりをあげていくと、

王子伝説1

TPOに応じた服装でデート。素敵なレストランを予約し、コース料理をご馳走

王子伝説2

足を痛めた音を気遣い、テーブル下で靴を脱ぐよう示唆(素足ではなかった!)

王子伝説3

お子様連れの家族にVIP席を譲る(高校生とは思えない大人な気遣い)

王子伝説4

マニフェスト実現率100%!!(あまりにも出来過ぎすぎて笑えてくるほど)

王子伝説5

生徒ファースト志向(これ、トランプのパクリ!?)

王子伝説6

絡んできたC5を自らコーヒーをサーブしてもてなす(私もサーブされたい)

平野紫耀と中川大志を比べてみた!まとめ

こうして比較してみると本当にふたりは対照的で面白いです。しかし天馬は完璧ですが、ここまで非の打ちどころのない相手だとやっぱりしんどくなってきそうな気も。

それに比べて神楽木はとにかく面白い!ナチュラルに差別的で失礼極まりないのに、なんだか不器用で人間らしいぶん、応援したくなる不思議。

神楽木家と馳家の財力はほぼ互角だとしたら、江戸川家を救出する能力的には同じ。なのであとは中身勝負!“出来の悪い子ほどかわいい”と言いますが、ぜひ神楽木になんとか頑張ってほしいところです。

またリアルに平野さん自身も杉咲さんにいろいろ演技を引き出してもらっているようにも見えるので、この作品で俳優としてさらなるステップアップしてくれるといいなと思います!

関連記事