ドクターYの「Y」ってどういう意味?どこからきてるの?

ドクターY

大人気ドラマ、ドクターXのスピンオフとして制作されたドラマ「ドクターY」ですが、民放放送ではなく動画配信サイトで配信されているため知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

スピンオフといっても出演するのはドクターXにも出演されている一流の俳優さんで、それを動画配信サイトで放送するというのはインターネットが完全に普及した今だからできることかもしれません。

ドクターYってどんなドラマ?なんでYなの?などドクターYについて気になることについて調べてみました。

ドクターYに出演しているのは誰?

ドクターXでは米倉涼子さん演じる大門未知子が主人公となりストーリーが進んでいくのは誰もが知るところですよね、ではドクターYの主人公にあたるドクターは誰なんでしょうか。

ドクターYに主人公として登場するのは本編のドクターXでも大人気のキャラである外科医の加地秀樹です。勝村政信さんが演じられています。

「腹腔鏡の魔術師」と言われ確かな腕があるのに権力と金が大好きという性格破綻キャラでありながら愛されキャラでもある人気キャラの一人です。

ドクターYはいつ放送されている?

ドクターYのスピンオフは過去2作品放送されています。2作品共にドクターXの新シリーズが放送されるのに先駆けて放送されています。

第一回目は2016年9月、第二回目は2017年に放送されました。一話15分で程度で全6話という短編ドラマになります。

ドクターYの内容は?

ドクターYに登場する病院は本編で登場する大学病院の分院や地方の病院だったりと本編とは異なる病院が舞台になります。

第一段では分院にて虫垂炎で手術が必要となった代議士の娘が、入院してから手術を無事に終えるまでの物語、第二弾は田舎のいわくつきの病院で一日50万という高額報酬に踊らされた加地が当直医を務めた1日を物語にして放送しました。

どちらもはじめはイメージ通り金に踊らされ職務に就く加地ですが、最後は加地の優しさや熱さに少しだけうるっとしてしまうのです。加地は根がいい奴ということは本編でも感じてはいましたが、思っていたより加地はいい奴なんです。

的確な処置と自分をいい人に見せることを知らないあまのじゃくさ、しかし胸の内は人の心や命に真摯に向き合う優しさをもっているので加地はここまで愛されるんだなと実感するエピソードがドクターYの醍醐味かもしれません。

ドクターYの「Y」はどういう意味か

さてドクターYについて少し知っていただけたかと思うのでここで本題に入ります。

ドクターYはどうしてYなの?という話です。“容疑者X”だとか“ミスターX”みたいなニュアンスでドクターXはまだ理解できるんですが、Yってなんなの?と気になりませんか?

実はYには特に意味はないようです。単純にアルファベット順でX、Y、Zと数えてXの次がYだったため、スピンオフとしてわかりやすいとドクターYとなったようです。

Zの方がかっこいいような気もしますが、Zとなると大トリのような意味も兼ねてしまうのでYがちょうどよかったといったところでしょうか。

ドクターYには注目俳優が多く出演

過去二回制作されたドクターYには本編にも出演されている米倉涼子さんや岸部一徳さんなども出演されているのですが、スピンオフオリジナルキャラクターとして多くの人気若手俳優が出演しています。

第一段には三浦貴大さんや宮脇咲良さん、第二弾には飯豊まりえさんや堀田茜さんなど民放ドラマにも引っ張りだこの俳優陣が名を連ねているんです。そこも含めてぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

関連記事