Missデビル 感想 3話 課長クライシス?追い詰められた課長の真相とは?

ドラマ名別

隠し撮りのみならずアクロバティックな才能も豊富な椿、ことMissデビル。なんだかもうここまで来たら、「サイレーン」の再来ではないか、と思ってしまうほど、前回も回し蹴りが決まっていました。

保険会社の顧客も増えそうです。そして博史の父にも何やら秘密がありそうで…?注目の第3話の感想です。

Missデビル 3話感想 前半

そもそも椿自身がパワハラじゃないのか問題

椿は博史が気に入ったようで、彼をあの手この手で翻弄。しかしそもそもこの椿こそ、パワハラで訴えられても不思議ではないような存在です。

前回はセクハラ上司をコテンパに絞めていましたが、彼女も人のことは言えない立場では?…というのはヤボなのでしょうか…

博史は実はコネ入社?

とにかく博史の父親がなんだか怪しい。なんと社長と密会まで!これって実は博史はコネ入社だったのでは?それとも父親が保険会社の弱みを握っていて、脅して息子を入社させた?とか?何も知らされていない博史が不憫です。

“Missデベル”の発音が気になる西田敏行

会長役の西田さんの「デビル」の発音がどうしても「デベル」に聞こえてしまって、地味に気になります。(話の本筋には何も関係ないことですが)

この会長、独自に椿の素性を調べているようですがまだまだ突き止められてはいない様子。ただ椿の好物がアップルパイであることはわかったようです。この会長も当然只者ではないでしょう。

Missデビル 3話感想 後半

木村佳乃VS菜々緒

正直、このドラマ、木村佳乃さんと菜々緒さんのバトルをもう少しクローズアップしたほうが面白くなるような気がしないでもありません。

なんというかあまりにも菜々緒さんが無敵すぎるのと、佐藤勝利さんが若干弱すぎるので、ドラマに張り合いがないような…。

菜々緒の回し蹴りが今日も決まる!

課長クライシスをこじらせて、部下を刺そうと暴走してしまった簑島。もう少しで犯罪者になる所をすんでのところで椿に救われました。退職にはなったものの、部下を刺し殺すまでに至らなくて本当に良かったです。

しかし今日の菜々緒さんの回し蹴りも見事!ハイヒールのヒールでピンポイントにナイフを阻止。さすが元BGだけありますね!(違います)

人材活用ラボに新たな“悪魔”発覚

そしてここへきて人材活用ラボに凄腕のハッカーがいたことも判明。どうやら椿の片腕のようです。ますます無敵な椿。ネット上の攻防も負けません。

Missデビル 3話感想 まとめ

以上が「Missデビル」3話の感想でした。ラストに崖っぷちにいる船越さんを見て、思わず火サスかと思いましたが、過去のホテル火災が何やら大きな意味を持っているのは間違いないようです。

関連記事