コンフィデンスマンJP 山田孝之演じるジョージ松原が話題沸騰!

ドラマ名別

コンフィデンスマンJP5話 山田孝之演じるジョージ松原が話題沸騰!

長澤まさみさん主演ドラマ「コンフィデンスマンJP」は、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)によるエンターテイメントドラマです。

毎回豪華なゲストも話題となるドラマでしたが、5話ゲストの山田孝之さんのキャラクターが最高でした!

コンフィデンスマンJP 5話あらすじ

まずは5話の簡単なあらすじです

前半

今回のお魚(ターゲット)は、悪徳病院理事長の野々宮ナンシー(かたせ梨乃)です。ナンシーは夫の亡き後病院の経営を任され、医師である息子の新瑠(永井大)を偽りの天才ドクターとして世に売り出し大金を得ていました。

実際に手術を行っていたのは田淵(正名僕蔵)ですが、田淵は薄給に耐えかねて病院を辞めるとナンシーによって医療過誤をでっちあげられ、再就職できずにいました。

これを知りダー子達はターゲットをナンシーに決めたのです。ボクちゃんは病院にもぐり込み、ナンシーを難病だとでっちあげました。

ダー子は猛勉強をし海外のスーパードクターになりすまし、ナンシーの手術をすることになりました。

後半

いざ手術となり、本来ならばボクちゃんがモニターにDVDの映像を流す予定が流れず、ダー子は本当に手術をすることになってしまいました!

鮮やかな手付きで手術をしていましたが、トラブルで大出血!新瑠とボクちゃんが駆け付け、さらに田淵も駆け付けますが、田淵はナンシーを恨んでおり、ナンシーが医療過誤をでっちあげたというのも田淵のただの被害妄想でした。

新瑠は怖くなって逃げ出し、絶体絶命の大ピンチ!にも関わらずダー子はナンシーの手術を放り投げました。手術台の下から登場したのが、ジョージ松原だったのです!

ナンシーの体の上に偽物の臓器を作り出し、ダー子達はその臓器を治療していたのでした!こうしてダー子達はナンシーから治療費として金を騙し取ることに成功したのでした!

山田孝之演じるジョージ松原の役柄

山田孝之さんが演じたジョージ松原は、ダー子から呼ばれたハリウッドでも活躍する職人でした!腕に絶対の自信を持つジョージを呼び寄せ仕事を依頼したダー子は、前日にジョージに会い仕事を依頼したのでした。

ボクちゃんは「あんた仕事選んだほうがいいよ!」と言いますが、ジョージは仕事は選ばない主義なのだそうです。

山田孝之出演に騒然!

大人気実力派俳優の山田孝之さんの出演もあり、このコンフィデンスマンJP5話が話題となっています!

ゲストはゲストでもサプライズゲストで出演時間もかなり短かったのですが、やはり抜群の存在感と演技力を見せてくれました!長澤まさみさんとは共演回数も多く親しそうですので快諾されたのかもしれませんね。

 

山田孝之さんの出演で話題沸騰のドラマ「コンフィデンスマンJP」は毎週月曜夜9時放送です。毎回のゲストにもどうぞご注目ください!
(引用:https://www.fujitv.co.jp )

関連記事