コンフィデンスマンJPに山田孝之がジョージアCMのキャラ!?で出演!

ドラマ名別

第5話『スーパードクター編』は、開業医と結婚して玉の輿に乗った元モデルの野々宮ナンシーがターゲットでかたせ梨乃さんが演じています。第5話にサプライズゲストとして出演したのが山田孝之さんです。

山田孝之のカメオ出演に至る経緯

カメオ出演とは?

カメオ出演とは監督や主演者の友人や、原作者、作品のモデルとなった人物や作品に由縁の深い人物などが端役で出演することをいいます。

きっかけは長澤まさみとの共演

今回の主演のダー子を演じている長澤まさみさんと、カメオ出演してくれた山田孝之さんは、6月1日公開の映画「50回目のファーストキス」で共演しています。

それで「どこかでちょっと出たい」と言う話になって、脚本の古沢良太さんによると物語の後半で鍵を握るジョージ松原として登場させる事になったそうです。

山田孝之の役柄は「ジョージアCM」のキャラ!?

山田孝之さんはハリウッドもうならせた天才特殊造形師ジョージ松原で寡黙な役と決めていたために、セリフは増やさずに腕叩くだけの役になってしまったといいます。

山田孝之さんは5話のラスト5分のところで、本当にチョイ役の「ジョージ松原」として、ジョージアのCMそっくりのいでたちで登場していました。

今回は主演の長澤まさみさんが多彩な七変化をしていますが、山田孝之さんはジョージアのCMで見事な七変化をしてくれています。

ジョージ松原は、ボクちゃんに「あんたは絶対に仕事を選んだほうがいい」とツッコマれるシーンがありましたが、脚本家の古沢良太さんからの山田孝之さんに向けて感謝の言葉を伝えるシーンとして追加されたといいます。

1分出演で「山田孝之」がトレンドワードに

山田孝之さんの出演時間はわずか1分位しかありませんでした。しかし、山田孝之さんの登場直後から「山田孝之」がツイッターのトレンドワードに入って大きな反響を呼びました。

放送終了の約5分前に、天才女医に扮したダー子が手術を行った後に手術台の下に隠れていたハリウッドでならした特殊造形師のジョージ松原が突然現れます。

ダー子のオペ中に本物のように鼓動していた心臓は、ジョージ松原の作った模倣品だったことが明かされます。この瞬間だけで山田孝之さんは視聴者に強烈な印象を残しました。

山田演じるジョージ松原はダー子をサポートする特殊造形師という役柄でした。

視聴者も山田孝之さんの出演の仕方には驚きが隠せなかったようですがジョージアのCMにかけた演出は面白過ぎると歓喜するツイートが相次ぎました。

「コンフィデンスマンJP」だけでなく「山田孝之」もツイッターのトレンドワードに入りました。

登場シーンはこちらです!

まとめ

今回はダー子が手塚治虫先生の名作「ブラックジャック」を読みふけりながら作戦を考えたり、女医ナオミに扮して病院内を闊歩する姿はあの有名なドクターX・大門未知子にそっくりでした。

さらにその時、「ドクターX」のテーマ曲がバックで流れていました。また、ダー子は手術室で「私、失敗しない気がする」大門未知子のセリフのパロディーを言っていました。

毎回豪華なゲストを迎えているので、また、今回のように奇想天外な演出が見れるのではないかと期待が高まってきます。

関連記事