コンフィデンスマンJP 佐津川愛美出演!リチャードの知人・矢島理花役

ドラマ名別

「コンフィデンスマンJP」7話家族編では、錚々たるメンバーがゲスト出演。

そのメンバーの中には最近めきめきと存在感を増してきた実力派女優・佐津川愛美さんの名前も。

今期ドラマ「ラブリラン」でも、主人公・さやかの親友役で歯に衣着せぬキャラで出演されていますが、今回の役柄は一体どのような役なのでしょうか?

コンフィデンスマンJP 佐津川愛美の役柄

佐津川愛美さんが演じるのは、リチャードの知り合いで、現在刑務所に服役中の矢島理花。

なんでもバーでリチャードの財布をスろうとしているところを見つかり、リチャードと知り合ったとのこと。

7話の予告あらすじ

愛人家業の母親のもとを17歳で離れ、天涯孤独の身になり、夜の仕事を転々としているうちにスリにまで手を出すようになってしまったらしく、リチャードには何度も足を洗うよう言われていたものの、とうとうしくじって刑務所行きになってしまった模様。

そこで出所まで彼女の家財道具を預かることになったリチャード。

そしてひょんなことからダー子がそのなかから理花の亡くなった母親からの、10億の遺産相続をもちかける手紙を発見。

なんと理花は資産家・与論要造の愛人の娘だった、ということが判明し、ダー子たちはその遺産争奪に向けて動き出す、というのが7話のあらすじのようです。

佐津川愛美の以前の役柄には・・・

そして今回の理花は、愛人の娘ということで、幼少期は継母やら兄弟からひどいいじめを受けていたとのこと。

佐津川愛美さんは過去にも意外とこうしたハードな役が多いような気がします。

映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」では姉の佐藤江梨子さんからかなり壮絶なひどい扱いをうけていました。この作品は個人的に佐津川愛美さんのベストアクトではないか、というくらいの熱演でした。

「ヒメアノ~ル」では森田剛さん演じる主人公のサイコキラー・森田にストーキングされる役でした。

ひどい目にあってもめげない芯の強さが表現できる女優さん、として評価を得ているということでしょうか。

しかし今期のドラマ「ラブリラン」はあけすけにモノを言う明るいキャラの女性を演じており、その役の振れ幅も素晴らしいです。

コメディからヘビーなものまでなんでも演じられる、オールラウンドプレイヤーですね。

コンフィデンスマンJPに出演!佐津川愛美まとめ

以上「コンフィデンスマン」7話にゲスト出演する佐津川愛美さんについてみてきましたが、この頃の佐津川愛美さんの勢いは地味にすごいと思うので、ぜひこの流れにのってどんどん活躍していって欲しいと思います!

ブレイク必至の女優さんです!

関連記事