BG-身辺警護人-最終回 ネタバレ 課長・村田の名誉回復!

感想

事実を告発するものは命を狙われる…なんてまさに今の社会状況とリンクしていてゾっとしてしまいます。

「アンナチュラル」でもドラマの中の事件が現実とリンクしており、予言のようだと話題になりましたが、「BG」では告発を決断した立原愛子を守り切ることができるのでしょうか。

まゆの苦い過去に固まるBGたち

本編にはまったく関係のないところなのですが、まゆがぽろっと「男に裏切られて、お金持ってかれて…」と過去の男関係での苦い経験を口にしたときの、周囲の男たちの固まり方が良かったです。

鉄の女、かに見えたまゆも男運はなかったのか、それともダメンズウォーカーなのか、思わぬ弱点が垣間見えました。

なんというかキムタクありきのドラマとはいえ、もっと個性豊かなBGメンバーにももう少しスポットを当てて欲しかったな、と個人的には思います。

まゆももっと掘り下げてあげてもよかったのではないかと…。菜々緒さんが勿体ないです。

スマートに自己中な落合

結局、最後の最後でケンカを売り続けてきた落合が、敬愛する元上司の村田のためにひと肌脱いでくれました。一瞬ですが民官の協力が実現。最後の最後で好感度を上げてきましたね。

…ただ、落合って本当に自己中ですよね。「お邪魔してよろしいですか」と言いながら中にもうすでにズカズカ入って来ていたり。(これに関して島崎も「いつも入っちゃってるじゃん」とすかさずツッコミ)

島崎に電話して“天上がり”(そんな言葉、初めて聞きました。そういうことは本当にあるのでしょうか!?)の打診をするも、断られたら途端に電話をブツ切り、とか。

島崎に対してだけなのかもしれませんが、(それはそれで大人げないですし)落合の新しい部署での人間関係が地味に心配です。

最後までかわいい、こまっしゃくれの瞬くん

今回の瞬君の名言は、「まだ、生きてたの?」「女ってさ~自分勝手だよな?日によって言うこと全然違くね!?」「頭くんだよな~いろいろ言って振り回してさ」です。

本当にかわいい!一体瞬君の身に何が起こったのでしょうか!?ってこれ、女ってたぶんお母さんのことですよね?

小田切も元カノがメンヘラになってしまった、という点であまり信用も置けないですし、瞬君は島崎の元へ戻って正解な気がします。

ただでは転ばない立原愛子

最後のサプライズのひとつは、愛子が今度は“総理大臣を目指す”というものでしょう。こういう人、嫌いじゃありません。政治家としての手腕はどうなのかわかりませんが…。

若君がBGに!?

その後矢沢永吉さんと健太郎さんがほんの少しラストにゲスト出演してくれました。歩いているだけで大物感満載の矢沢さんの存在感は圧巻です。そして健太郎さん。

つい「アシガール」のイメージが強すぎて、“若君にダメ出ししてんじゃねえよ!”と言いたくなってしまいましたが、新人で下っ端の健太郎さんの姿は新鮮でした。

 

以上が「BG」最終回の感想でした。続編や映画化を期待する声が上がっているそうですが、それなら村田所長は殺さないで欲しかったです。

あとはもっと個々のBGメンバーにも見せ場を!せっかくの豪華俳優陣が勿体なかったです。

関連記事