BG-身辺警護人-ネタバレ 8話 撃たれた村田が悪者に。。。

BG〜身辺警護人〜

7話で村田(上川隆也)が犯人と揉みあい章(木村拓哉)をかばって足を撃たれてしまいます。脚とひとまず安心したの束の間救急車の中で急変まさかの意識不明で番組終わりました。とても気になるラストでした。

8話がとても待ち遠しいです。8話を予想していきます。第8話は15分拡大スペシャルです。

村田が悪者に

テレビ雑誌にドラマプロデューサー談が書かれていました。7話以降はラストまでひとつの事案で描いていき、島崎の前にさらなる壁が。さらに日の出警備保障も窮地に陥るとあります。

また、島崎と高梨の関係や警視庁SPとの確執も描かれると話しています。やはり7話のラストがターニングポイントという事でしょう。穏やかに夫婦の時間が描かれるのかと思いきやあまりにも衝撃的なラストでした。

安否が気になりますが予告をみるかぎり村田課長の姿は確認できません。予告のテロップには「大切な人の名誉を守れ」と表示されています。大切な人は村田課長になります。

五十嵐幹事長が犯人を挑発して起こってしまった発泡事件ですが、ボディーガードが無謀な行動をとった為に撃たれて、怪我をしたと村田に避難の声が集中している感じになってしまいます。

この事件の真相を五十嵐幹事長や立原議員(石田ゆり子)は保身の為に口を閉ざしています。その場にいた落合(江口洋介)達SPも誰一人口を開いて真実を話そうとはしません。

章達は村田の汚名をどのように晴らしていくのでしょうか。晴らすにはレストランであった事を隠さずに全て公表しなければならなくなりませんが、誰が口を開いてくれるのでしょう。

警察さえも、一般のボディガードがしでかしたこととして事件を処理しようとするようです。

愛子と落合が章達の元へ

立原大臣や五十嵐(堀内正美)幹事長は一切本当のことはマスコミの前では話そうとはしませんが、島崎達は、村田が濡れ衣を着せられたままなのは納得いかないのに、章は日々の業務をこなしていきます。

高梨(斎藤工)はそんな章の態度に納得していません。沢口が動揺してボディーガードをやめたいと言いはじめるようです。

身辺警護人メンバーがバラバラになりそうになっている頃に、立原愛子と落合が二人揃って章の元にやってきます。意識不明の村田と何か関係があるのでしょうか。

真実一言も話さず村田に罪を押し付けたふたりが今更何の用なのでしょうか。真実を話す気になったのでしょうか。

五十嵐幹事長が秘書に罪を被らせた事実も公表しなければならなくなるのでそう簡単には行きそうにありませんが、立原愛子がキーパーソンになるようですね。

それとも、ボディガードへの批判と重症の村田の名誉を回復の為に、章達は愛子達と最後まで対立するのでしょうか。

堀家一希さんが、村田課長の息子の村田庸一役として出演が決まったようですね。

いかがでしたか。ますます目が話せない展開になっていくようです。五十嵐幹事長や立原愛子、落合の口から真実は語られるのでしょうか。ラスト2回どうなるのでしょうか。

関連記事