BG-身辺警護人-最終回を前に8話を感想と共におさらい

感想

BG~身辺警護人~の8話の感想をお伝えしていきます!

まさか・・・!村田課長がお亡くなりに・・・

村田課長(上川隆也さん)がお亡くなりになっていました。これには唖然としてしまいます。

やっぱり救急搬送遅れちゃったからこんなことになっちゃったんじゃないのか?と脚本に不満を持ってしまいました。村田課長の最期の言葉は「誤差なし」でしたね。

日ノ出警備保障の身辺警護課のメンバー島崎(木村拓哉さん)・高梨(斎藤工さん)・菅沼(菜々緒さん)・沢口(間宮祥太朗さん)が村田課長の棺の上で腕時計を出し「誤差なし」と言う場面ではとても胸が苦しくなりました。

こんなにも悲しい「誤差なし」は聞きたく無かったです。いい人は早く亡くなるというパターンをここでも見るだなんて・・・これだけボディーガードは身体張ってるんだぞと脚本で伝えたかったのでしょうか。

村田課長

発砲事件を村田課長が無謀な行動をして死んだということにしたのです。

現場にいたSPの落合(江口洋介さん)や民事党幹事長の五十嵐(堀内正美さん)、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子さん)は真実を語ろうとはしません。

高梨は村田課長が任務の時にボイスレコーダーを使っていたことを知りますが、音源も消されてしまっていました。村田課長の名誉を回復するため、身辺警護課のメンバーは奔走します。

立原先生はこちらの味方だと思っていましたが、保身が邪魔をしちゃうんですね。

沢口くんの不安

村田課長が亡くなったことが大きく報道されたことで、沢口くんは不安になってしまいました。村田課長の死を目の当たりにして自分の仕事が本当に命をかけているということを実感したようです。

それは沢口くん本人だけで無く、母親が心配していて「母から早くボディーガードを辞めて欲しいと言われた」と辞める決断をします。

もし私が沢口くんの家族ならそう言うだろうなと思ったし、言われて辞めるくらいなら辞めた方が良いんじゃ無いかとも思いました。依頼主の立場を考えたら、不安になっている人をボディーガードに雇いたくないですもんね。

沢口くんが最初で最後のBGに任命される

警護対象者は1話でも警護を依頼してきたサスケフーズの会長・大久保佐助(伊武雅刀さん)です。初めてのBGの業務に顔がこわばっている沢口くん。会見に来ていたお客さんに「かっこいい」ともてはやされました。

まんざらでも無い様子で、かっこつけた顔をします。この時はいつもの沢口くんに戻った感じがしました。

大久保会長は会見が終わってから「村田さんの誤解も解けると良いね。私は村田さんを信じている。だってこんなにも頼りになるボディーガードを育てた人じゃないか」と沢口くんを褒めました。

村田課長の偉大さがわかるシーンでしたし、村田課長を信じているというのが心に染みました。

どんな報道があっても自分で目で見て感じたものだけを信じる大久保会長も素晴らしいと思いましたし、そんな人になりたいと思いました。

この言葉のおかげで、沢口くんは辞めるのをやめました。心を持ち直したようで良かったです。沢口くんが軽口をたたくのが私の楽しみでしたので、最終回でも聞きたいです。

章と瞬が力比べ

島崎章と瞬(田中奏生さん)のキュンポイントが毎回ありますが、今回の握手の時に力比べをするシーンもとても良かったです。

反抗期だけれどお父さんのことをちゃんと想っている瞬と、息子の反抗期を楽しんでいるようにも見える章はこのドラマでの毎回の楽しみでした。

章のお父さんっぷりが回を増すごとにだんだんと現れてきていて、良い感じだと思ったのですが別々に暮らすことになってしまいました。

もう親子のシーンが見られないのでしょうか。なんとか最終回にも親子のシーンが登場して欲しいです。

どうなる最終回

身辺警護課のメンバーは村田課長の汚名をそそぐことはできるのでしょうか。村田課長の家族の心も救ってあげてほしいです。

関連記事