BG 8話 あらすじ チームがバラバラに!?高梨の過去が発覚!

BG〜身辺警護人〜

7話のラストが衝撃的すぎて、8話が気になって仕方ありませんでした。村田課長殉職してしまったのですね。無念の死です。日ノ出警備保障のメンバーはどうなってしまうのでしょうか。

真実を隠してバラバラに

村田課長の奥さんは、出棺の前に、村田課長の時計に「ごうろうさまでした」と頭を下げていました。それを見た島崎達はそれぞれの時計を合わせて涙を流して「誤差なし」と確認します。

世間では民間のボディガードが無茶をしてでしゃばった行動をとった為に、犯人が逆上して発泡したと誤った事を伝えました。ネットでも村田に対して批判的な意見が強くなっていました。

その場にいたsp達も立原大臣も幹事長が犯人に挑発した真実を話そうとしません。警察も報道のとおり村田課長が亡くなったのは、犯人を挑発して撃たれたと伝えました。

島崎は依頼されている目の前の仕事をこなそうとしますが、沢口は危ない仕事をやめて欲しいと家族に言われたのでBGを辞めようと考えていると言います。高梨は、真実を曲げる気はないと島崎に反発します。

高梨は落合に報道せれている事を否定して真実を話して欲しいと頼みますが、落合は何も言わずに立ちさります。

そんな時、立原大臣が島崎に身辺に気をつけるよう忠告してきます。警察以外で島崎だけが真実を知っているので口封じのために狙われるかもしれないと言うのです。

高梨の過去

サスケフーズの新商品発表お披露目イベントの時に社長大久保の警護を頼まれます。島崎、沢口、まゆが警護にあたる事になり高梨は事務所でサポートします。

島崎が会場で見つけた怪しげな男性3人組はクビになった工場の社員でした。

イベント終了後、島崎は高梨と2人で村田の自宅を訪れます。村田はICレコーダーを持ち歩き全ての仕事の記録を録音していたはずなのに、ICレコーダーと携帯が警察から返還されていない事がわかります。

村田課長の息子が1人で警察に行くと言うので高梨と島崎は、翌日ボディガードをする事になります。

事務所で島崎はなんでそんなに課長の息子を気に掛けるのか高梨に聞きます。高梨は臆病な後輩を強くする為に山岳訓練を行い、その時に滑落事故に合い後輩は大怪我をして除隊したといいます。

その責任を感じたので自衛隊を辞めたといいます。その後輩と田村課長の息子が似ているといいいます。そこにまゆと沢口が買い物から帰ってきます。沢口はBGを辞めるのをやめたと伝えました。

息子との別れ

事務所から自宅に帰る途中、島崎は誰かにつけられている気がして、息子の瞬を妻仁美の元へ帰す事に決めます。瞬に島崎は、これから危ない仕事をする事になるからと伝えると瞬はいつもじゃんとぼそっとつぶやきます。

翌日島崎と高梨は田村課長の息子と一緒に警察へと向かい、ICレコーダーの返還をお願い致します。わりと簡単にすんなり返してくれました。しかし、事件のあった日のデータだけがありませんでした。

島崎は立原大臣に真実を話してほしいと訴えますが無言で立ちさっていきます。立原大臣は五十嵐幹事長に事実を公表すべきだと伝えます。

そして、大臣を辞職する気なので、一般人になるので、警護は必要ないと落合に伝えます。落合が警視庁の幹部に立原大臣が辞職することを伝え、島崎にも消えてもらいましょうかと告げます。

立原は事件の真相を公表すると島崎に言い一緒に戦うことにします。

いかがでしたか。やはり最後は立原大臣が頼りになりそうです。辞職してまで真実を伝えようとしますが、落合が怪しい動きをしそうです。どんな最終回になるのでしょうか。

関連記事