BG 7話 ネタバレ・あらすじ 元妻の警護中に起きた事件

BG〜身辺警護人〜

日ノ出警備保障の島崎は6年前に別れた元妻・小田切仁美から警護してほしいとの要請を受けました。以下、第7話のあらすじをまとめていきます。

仁美に起きている不審な出来事

島崎は仁美から、自分は誰かに狙われているかもしれないとの相談を受けます。それは3ヶ月前から起きはじめ、その時期はちょうど息子の瞬が島崎の自宅に住み始めたころと重なりました。

不審な電話などが多くあり、身の危険を感じた仁美は島崎の家へとすみ始めた息子を止めなかったようです。島崎は日ノ出警備保障の身辺警護科のメンバーへことの経緯を話し、仁美の身辺警護を要請しました。

対象者が元妻ということもあり島崎は自分以外の誰かにBGを任せたいと言い、同じ女性ということでまゆがBGになることに。課長の村田と共に仁美の自宅へと事情を聞きにいきます。

仁美の話では、時々不審な電話がかかってくるようになり、誰かにつけられているような感覚になるということと、フラワーアレンジを仕事とする仁美の自宅に多く飾られていた花壇の花が三度も荒らされていたことなどを話します。

旦那は現在仕事のため海外へ行っており、余計な心配をかけたくないと話せずにいるようでした。

仁美を狙っていたのは…

仁美の警護から逃げている島崎に不信感をあらわにしていた高梨は島崎を食事に呼び出し女性は守るべきだと諭します。

その夜村田自ら島崎の自宅を訪れ、仁美から聞き出した現状と、誰かに狙われていることはの確信を伝え、島崎は仁美の警護を自分が引き受けることに決めます。

警護当日、自分の時計の時間が大幅に遅れており村田の時計を借りて職務に就くことになった島崎。

普段つけている時計は過去に仁美からプレゼントされたもので、島崎の腕に自分がプレゼントした時計がされていないことを仁美は真っ先に気付きます。

仁美の警護が始まってすぐに不審な人物の影がちらつき始めました。それに気付いた島崎は仁美に走るように指示し、相手の出方を見ます。そして仁美を追っていた不審人物は仁美と島崎の前に姿を現しました…

戻ってきた時計

一連の警護を終えた島崎に仁美は瞬も含めて3人で食事をしようと誘います。

その経緯を聞いた村田は島崎の時計をレストランへ届け、自分の時計も妻がプレゼントしてくれたものであったため今日という日に必要不可欠なものではないかと察してくれていたからでした。

離婚する前よりも自然に話せているという事実に仁美は嬉しそうな表情を見せます。その日同時刻に大臣の立原も同じレストランで理事官との食事に訪れており、立原は島崎に挨拶にきます。

レストランで起きた事件

村谷に時計を届けてもらった島崎は仁美の元に戻ろうとしますが、その時不審な人物に気が付きます。それは以前、元総理大臣の警護についた島崎らの前に現れた男で、理事官を狙っていたためSPに拘束された人物でした。

村田もその人物に気が付き、立原たちが会食をしている事実に偶然ではないと感じた二人はSPへ情報提供をしました。

その男に警戒しつつも店から出ることを仁美に促しますが、話が見えない仁美には緊迫性を伝えることができません。その男は立原らがいる場所へと近づいていき、SPを前にここで自ら命を絶つと拳銃を取り出します。

その怒りは他の客へと向き、仁美と島崎がいた一般客のフロアに拳銃を向け、その場はパニックに包まれます。島崎は男の前に立ちはだかり説得を試みました…

 

以上がBG第7話のあらすじです。最後には衝撃的なシーンも待ち受けていますよ。ドラマBGは毎週木曜夜9時から放送中です!

関連記事